So-net無料ブログ作成

ソレマウルの高級キッズカフェ「Maison des enfants」 [ソウル:子連れスポット]

進化し続けるソウルのキッズカフェ。本日は久しぶりにソレマウルまで足を伸ばしてみました。

高級住宅街と呼ばれる場所はソウルにもたくさんありますが、このあたりは別名フランス人街と呼ばれているだけあって雰囲気が本当に素敵。おしゃれなカフェやショップもどんどん増えています。

そのメインストリートにある「Maison des enfants」。
写真 5 (1).jpg
日本語読みするとメゾン・ド・アンファン、でしょうか。韓国語読みだとメジョン・ドゥ・アンパン。このFをパピプペポで発音するのは韓国生活通算3年半を過ぎても相変わらず慣れません。。。

で、そのメジョン・ドゥ・アンパン。漢江鎮のPetit5を彷彿とさせるスタイリッシュなキッズカフェで、最近ソウルのおしゃれママたちの間で話題になっているようです。
写真 4 (3).jpg
写真 1 (1).jpg
場所が場所だけにお値段も色々びっくり。子供が2時間12,000ウォン、大人は食事のワンオーダーが必要で、全てのメニューは2万ウォン前後です。
写真 (1).jpg
写真 2 (2).jpg
写真 2 (3).jpg

砂場とプレイエリア担当のお姉さんが一緒に遊んでくれてとってもありがたいんですが、基本おもちゃの数は少なくSooぐらいの月齢(33ヶ月)になると物足りない感じ。子供のためのキッズカフェというよりは、子供を遊ばせながら大人が雰囲気を楽しむ場所のようです。全体的にやっぱりPetit5にはかなわない印象。

でもパスタはすっごく美味しかった!こちら1万9千ウォン。
写真 4 (2).jpg
ちょこっとお洋服コーナーも。意外とお値段リーズナブル。
写真 3 (2).jpg
お決まりのパーティールーム。
写真 3 (3).jpg
砂遊びウェアもおしゃれです。
写真 1 (4).jpg


こういう雰囲気が最近韓国のママたちの間では流行している模様。

韓国と言えば色の洪水に極彩色のド派手なカラー!というイメージですが、それは昔の話&アジュンマたちの話であって、最近の若いママたちは本当にシンプルファッションのおしゃれな人が多いです。みんなすらっとしててスタイルがいいのでよく似合う。

そしてそれは子供服の流行にも顕著に現れていて、ここ数年は「北ヨーロッパ風」というのが一つのキーワード。ベージュやグレーなどの色味を押さえた服を可愛く着こなしている子も多くて、いつもマネしたーーーい!と思うのだけど、、、Sooのたこやきほっぺではどうにもバランスが悪く。。もうちょっと痩せてから再トライしたいと思います。笑

メジョン・ドゥ・アンパン。ソレマウルのカフェストリート真ん中あたり、ホームプラスのすぐ横ぐらいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。