So-net無料ブログ作成

グランピングの旅 in カンウォンド [ソウル:週末Trip]

去年あたりから韓国で爆発的に流行りだし、私もぜひ体験してみたい!と思っていたもの。それがグランピング。

グランピング(glamping)とは、「グラマラス(glamorous)」+「キャンプ(camp)」を掛け合わせた造語で、贅沢なキャンプ、みたいなニュアンスです。

元々は欧米からやってきたもので世界のあちこちに素敵なグランピングリゾートがあるんですが、韓国内で新羅ホテルやグランドハイアットなどのラグジュアリーホテルで登場したのを始め、その後は雨後の竹の子のように増えていく。。。なんとも韓国らしいですね。笑

一般的にはテントの中にベッドやテレビなどホテルと変わらない設備を整え、もちろんお風呂やトイレもあり(これは共用になってることが多い)。その他BBQの火おこしや食材の準備などキャンプにおける面倒なことは全てやってもらえるので、我が家のように小さい子がいる家庭にはうってつけ!

というわけで夏の避暑地といえばの江原道(カンウォンド)まで足を伸ばして、初めてのグランピングを楽しんできました。

最初の2泊はヨンウォルの「WILDERNESS」

P1030455.jpg
カヤックのできる渓谷沿いに立ち並ぶリゾート。・・・と言ってもここはごく普通のキャンプテントにベッドと最低限の設備が入ってる感じです。
P1030432.jpg
P1030426.jpg
1I1A8629.jpg
1I1A8532.jpg
それでもこの緑の中で、家族だけでゆっくりBBQが楽しめるのはすごくいい。
P1030434.jpg
1I1A8464.jpg
あらかじめ予約していた時間にBBQセットが届けられる。食材は全て自分たちで用意して行きました。韓国のBBQにはモクサル(豚の首肉?)がおすすめ。サムギョプサルより油が少なくて歯ごたえもあり、炭火焼にするとすっごく美味しいです。

実はこの日は私の誕生日だったので途中で買ったケーキで簡単にお祝い。
1I1A8487.jpg
ろうそく、ふー!は言うまでもなく2歳児に真っ先にやられました。笑

そして今回の旅はグランピングだけが目的じゃありません。一番楽しみにしていたのはザ・田舎の渓谷!

ソウル近郊にも渓谷はいっぱいあるんですが、川沿いにレストランが立ち並んでいたり、人が多くてごったがえしていたり、正直あんまり風情がない・・・。でもカンウォンドあたりまで来ると「まさにこんな場所を求めてた!」という大自然に出逢えます。

今回、一番よかったのがここ、オムドゥン渓谷。WILDERNESSから車で5分ぐらい。
1I1A8656.jpg
1I1A8651.jpg
すぐ近くにホブン渓谷という有名な場所もあるんですが、こちらの方が穴場でこぢんまりとしていてオススメです。

1I1A8675.jpg
テンションあがりきってる私。
1I1A8706.jpg
1I1A8658.jpg
中州に小さなテントを張り、ごろんと寝転んで青空を見上げる。これ以上ない fabulousな夏の休日。

1I1A8797.jpg
このあたりはドライブしててもずっとこんな景色で癒されます。

次に向かったのはピョンチャンにある「PYOENGCHANG RIVERHILL」リゾート。

1I1A8811.jpg
1I1A8805.jpg
ここは結構有名?みたいですが、グランピングというよりは普通のリゾートヴィラの敷地内にテントがくっついている感じです。
P1030580.jpg
P1030585.jpg
普通の部屋とテントどちらも使えるので、不便さは全くありません。

P1030587.jpg
ただ私たちが失敗したのが・・・このグランピングBの部屋だけ全く外の景色が見えない・・・。せっかくこの立地にあるのに残念すぎる!なのでディナーのBBQは景色のいい共用テラスでお願いしました。これがかなり成功で、他のお客さんたちは皆、自分の部屋でBBQしてるので完全に貸切状態。
1I1A8899.jpg
1I1A8897.jpg
庭があるって子連れには本当にありがたい。

1I1A8901.jpg
この日のメインは韓牛(ハヌ)。韓国って牛肉が高すぎて普段手が出ないんですが、韓牛の本場であるピョンチャン周辺ではソウルよりも安く購入することができます。町に出ればドメ(卸売り)精肉店もいっぱいありますよー。

そしてだいぶ前に友人からの出産祝いで頂いたヴーヴクリコ。
1I1A8882.jpg
いつか特別な日に開けようね、と大事にとっておいたのですが、今回はこの景色と、私の誕生日と、次なる土地への移住祝い!?が重なってこれ以上ないシチュエーション。しゅわしゅわ美味しすぎてあっというまに一本空けてしまいました。Mちゃんご夫妻、どうもありがとう!!

他にも世界のグランピングリゾートを紹介したこんな記事があります(韓国語)。やっぱり本場はすごいな~。いつかアフリカやアメリカの大自然の中でグランピングするのが夢。

・・・でもその前に、来年こそは本物のキャンプを楽しめるようアウトドア道を極めていきたい所存でございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。