So-net無料ブログ作成
検索選択

BEERざんまい [トロント生活]

車が来て便利になった事のひとつ。それは・・・やっとお酒が買えるようになったこと[ぴかぴか(新しい)]

カナダではそのへんの小売店でお酒を売っていません。スーパーしかり、コンビニしかり。じゃあどこで買えるのか?と言えばちゃんとライセンスのあるリカーショップのみ、なのです。

こっちに来てすぐの頃は地理も分からず、分かったとしても遠くて買いに行けず、ノンアルコールな日々を過ごしていました。その反動で最近はリカーショップを見つけるとビールまとめ買いに走っている我が家。

一番有名な?LCBO。あちこちのショッピングセンターに店舗が入っています。
P1140551.jpg
P1140554.jpg


何より嬉しいのはビールの値段が安い!ベルギーもドイツもイタリアも、世界各国の輸入ビールが2ドルちょっと(日本円で180円ぐらい)で売られています。酒税とか関税の関係でしょうか?
P1140541.jpg
夕飯の前に「今日は何飲む~?」と言いながら一本のビールを夫婦でシェアして、あーだこーだ勝手に味の批評をするのが毎日の密かな楽しみになっています[ビール]

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0) 

Driving, Driving [トロント生活]

今こちらで乗ってる車。KIA(韓国メーカー)のロンド。
030316.1-lg.jpg

カナダで生活するにあたり、LEE家最大の難関は車に乗らないといけないことでした。何しろ二人ともぺーぺーのペーパードライバー大学時代に免許取って以来全く運転経験がないLEEMANに、ここ数年で運転したのは屋久島の田舎道だけ、という私。それがいきなり左ハンドル&右側通行の世界に放り込まれるわけです。

今まで東京、上海、ソウルの生活で車がないことを不便に思ったことはなかったけどカナダの生活は全く別物。車がないとどこにも行けないし何もできない、LEEMANに至っては会社にも行けません。これはもう覚悟を決めるしかない!とレンタカー会社に向かいました。

で、このロンド。結構大きいので最初は「ムリムリ!無理です!こんなの駐車できません・・・」とお断りしてしまったほど。もう少し小さめのコンパクトカーありませんか~とお願いしたものの、カナダのハイシーズン真っ只中ですぐに借りられるのはこの車のみ。

恐る恐る乗り込んで運転。きゃーウィンカーの出し方が分からないー!ワイパー起動させちゃうー!この道どっち行けばいいのー!サイドブレーキどこー!!テンパりまくる母に、車を嫌がって大泣きするSoo。その横で困り果ててるLEEMAN。

…無事、どうにか帰宅できた時はもう3人ともげっそりでした。笑

でも車の運転って結局、慣れと感覚なのですね。3日も運転すれば昔の感覚を思い出し、カナダの交通事情にもすっかり慣れて運転が楽しくなってきました。いちおうキャリアのある私がLEEMANに運転講習。マンションの地下駐車場を何度もぐーるぐる回り、慣れてきたところで家の近所を一周。なんとこの方、アクセルとブレーキを片足で操作することすら知りませんでした。。。
その後プロの個人教習をきちんと受け、今では毎日ハイウェイ通勤しています。

当面の課題はチャイルドシートを嫌がるSoo…毎回赤ちゃんせんべいで乗り切ってますが、果たして克服できる日が来るのでしょうか[ふらふら]

ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0) 

まさかの事件発生・・・ [トロント生活]

BBQから戻ってきた夜のことです。マンションのエントランスが何やら騒がしい。近所の人たちが遠巻きに見守る中、救急車に警察、えっ、あっちにはテレビカメラまで・・・?

張り詰めた空気のレセプション、そしてエレベーターホールには何人かの警察が。。。何が起こったのか分からないまま、とりあえず部屋に入りました。

そして次の日。

外出先から戻ってきてエレベーターに乗ると、一緒に乗り合わせた男の人が「えっ、君たちもしかして9階に住んでるの?」と驚いたように尋ねてきます。Yes、と答えると彼は目を丸くして言いました。

昨日、9階でgun shotがあったでしょう?

えぇぇええええええ!!!??りぃありい!?

もう思いっきり問い返してしまいましたよ。まさかこんな身近で銃撃事件が起きるなんて。カナダは治安がいいって聞いてたのに話が違いすぎます[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

聞けばトロントではここ数ヶ月、銃撃事件が頻発しているとのこと。しかもダウンタウンのリトルイタリーやイートンセンターなど、観光客もよく行く場所で発生しています。不幸中の幸いなのは一般人が巻き込まれた事例はなく、そのほとんどは麻薬抗争に起因するものらしいですが。

うちのマンションの事件も新聞やテレビのニュースで取り上げられていました。発生時刻は夜の7時前。被害者は28歳の青年で亡くなったそうです。私たちが帰ってきたのは夜7時半過ぎだったので、もう少し帰りが早ければ犯人と遭遇していたのかも、と考えるとゾッとします。

新しい土地で浮き足立っていましたが、この事件以来、気を引き締めて生活するようになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(0) 

お庭でBBQ [トロント生活]

天気のいい週末。LEEMANの同僚ファミリーお呼ばれして、お庭でBBQしてきました。

ずらっと並ぶシルバニアファミリーのような住宅子供の頃、こんな家に憧れてたっけなぁ、と懐かしく思いながらお庭を拝見。
P1130857.jpg
・・・広っ!!小さな子供が走り回って遊ぶのにちょうどいい感じです。お隣さんを見れば、やっぱり子供用の遊具がいっぱい。しかも隣の家との境目は一本の杭のみ!アバウトだなぁ。笑

でっかいステーキにラムチョップ、ソーセージ
P1130875.jpg
new.jpg
これらを手際よく焼いて・・・
P1130890.jpg
ジャマイカビールと一緒に頂きます。美味しい[目]

これぞカナダの週末!気分を味わえました。
ちなみにこの明るさで夕方6時とか。日没は9時半ぐらい。日が長いってちょっと得した気分になれて幸せです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(2) 

本腰入れて、離乳食。 [トロント:子育て]

P1130946.jpg
離乳食を始めて一ヶ月あまり。最近やっと2回食になってきました。

移動続きの日々で手作りなんてほとんどできなかったし、日によってはミルク飲ませるのがやっと。手抜きでゴメンよぉぉ、と若干の後ろめたさを感じつつベビーフードを調合する毎日でしたが、出発する前に先輩ママ友さんから言われた一言、「まだまだ栄養の主体はミルクなんだし、離乳食なんておやつぐらいに思っとけばいいのよ~!」これでかなり気持ちを楽に、手抜きすることができました。笑

しかし改めて日本のベビーフードはすごい!お米はもちろんのこと、野菜、肉、魚、レバー、なんでもお湯を注げばできあがり。
P1140506.jpg
まあ離乳初期のドロドロ食だから可能なんですが、日本から大量に持っていったフリーズドライ離乳食はほんとに重宝しました。

もともと超・めんどくさがりやな私。チマチマした作業が大の苦手なので離乳食作りも大変なんだろうな~と思ってましたが、やってみると意外に楽しい!すりおろしたり、すりつぶしたり、理科の実験でもやってる気分です。でも全てはSooが美味しそうに食べてくれるから。手間隙かけた甲斐があった!と思います。

もちろんベビーフードも併用中で、カナダではこういう瓶詰めのものが主流。
P1130736.jpg
しかもほとんどオーガニックです。日本でオーガニックと言えば値段が高いイメージですが、こちらはベビーフードに限ってはそれが一般的らしく?値段も一つ80円ぐらい。フルーツから野菜、ちょっと変わりダネではプルーンやターキーなど。面白いので一通り買って食べさせてみてます。
ただ全てがドロドロ。。。一応8ヶ月から、となっているものも中身にあんまり具が入ってません。。。

もう少ししたら完全手作り、頑張らなければ[手(グー)]

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(0) 

ベビーフードなど [トロント:子育て]

色とりどりのフルーツが山積み。これぞ海外のスーパー!っていう感じです。
P1130601.jpg
色んな種類のりんごを食べ比べてみたり、日本では高くて手が出せなかったブルーベリーアメリカンチェリーをどっさり買い込んでみたり。

カナダは英語フランス語の両方が公用語なので、全ての商品が2ヶ国語で表記してあります。こちらはSooの粉ミルクとベビーフード。
P1130604.jpg

このMixed Fruitのコーンフレーク、すっごく美味しい!(赤ちゃん用なので粉状。お湯で溶いて食べます。)初めてSooに食べさせた時も「んーーー!!」と目を輝かせてました。
反対にミルクはあんまり美味しくなさそう。。。実際に日本のものと飲み比べた訳じゃないのですが、匂いが何だか脂っこい。ちょっとカロリー高そうな感じです。

幸いSooは好き嫌いすることなく何でもよく飲み、食べてくれます。今のところ病気ひとつしたことなく超元気。親の都合で海外に連れてきているので、ミルクが飲めなかったり病気がちだったりしたら自分を責めてしまいそう。本当にありがたい親孝行な子です。

大好物の赤ちゃんせんべいも売ってました!
P1130688.jpg
こちらではRice Rusksというようです。なるほど。日本のものよりカリッとクリスピーな食感。これを小さく割って食べさせると上手にモグモグ食べます。ぐずった時の定番アイテムなので、外出時は手放せません。ほんとにこっちで売ってて良かった・・・[たらーっ(汗)]

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(0) 

トロント生活、始まりました。 [トロント生活]

P1130940.jpg

空が大きい。太陽の光の色が違う。そして湿気がなくて爽やか!!

これがトロント一日目に実感したことです。「一番いい季節に行けて良かったね~」と色んな人から言われますが、想像以上でした。

着いた次の日にはさっそく家探し。韓国系の不動産屋さんにお願いしてあらかじめ候補を絞っておいたのですが、短期滞在者は色々条件が厳しいらしく、選択肢は二つのみ。

隣が大きなショッピングセンターで場所は最高。でも古~いマンション
駅から遠い。徒歩20分。でも新しくて設備が整ってるマンション。

・・・やっぱり後者を選んでしまいました。

家の近所は住宅街で大きな公園もあります。
P1130581.jpg

P1130583.jpg

Sooがもう少し大きかったらここでめいっぱい遊ばせられたのにな~と思ったり。今はベビーカーお散歩で我慢ですね。

そしてカナダは車社会です。とにかく道が広い。一つ一つの敷地もでっかくて、徒歩や電車移動では限界があります。子連れなら尚更。LEEMANの会社も車でしか通勤できない場所なので、3ヶ月間車をレンタルすることに。

学生時代に韓国で運転免許を取得したものの、人生のトータル運転時間は1時間にも満たないという彼。果たしてどうなることやら。。。

コメント(3) 

いざトロントへ [トロント生活]

試練の日がやってきました。ソウル仁川空港から11時間かけて、まずはサンフランシスコ国際空港へ。そこから飛行機を乗り継ぎ、さらに5時間のフライトを経てやっとカナダトロント到着です。

United Airlinesに初めて搭乗。予想はしてたけどサービスという概念は皆無に等しい・・・。笑 
読んで字のごとく髪を振り乱したCAさんが機内食を適当に配ってハイおしまい。一人の時ならそれでも全然構わないけど、子連れだとやはり色々ケアしてくれるエアラインがいいです!今回痛感しました。

しかもバシネット席を確保できたと思ったら位置が微妙にズレていて他のお客さんの目の前に来てしまう。バシネットもUnited Airlinesのものは小さめで、すでに9キロ超のSooには窮屈そう。結局バシネットは使わずずっと抱っこで過ごしました。目の前には大きなスクリーンがあって消灯後もチカチカ明るいし、その明るさで興奮したSooはなかなか寝付けず叫びまくり、なだめる親二人は神経すりへらしまくり。。。ああジゴクです。

サンフランシスコに降り立った時はもうゾンビのようでした。

それでも外を見れば抜けるような青空!!アメリカの西海岸にやってきたんだなぁと実感させてくれます。
改めて気合を入れ直し、体内時計のネジも巻きなおし。

サンフランシスコからトロントへは途中、こんな荒野が広がっていました。
P1130524.jpg
この「ザ・地球」な風景大好き。未だ見ぬ地への期待が膨らみます。

コメント(0) 

THE CLASSIC 500 [ソウル生活]

ソウルに新しくオープンしたレジデンスホテル、「THE CLASSIC 500」。とにかくすごいんです。

特筆すべきはその広さ。客室のほとんどが125㎡のスイート仕様で、リビングには55インチテレビ、食洗機完備のキッチンに、ワインクーラーからキムチ冷蔵庫まで!(・・・誰が使うんだろ?笑)
P1130422.jpg
絶賛ハイハイ中のSoo。部屋が広いので「どこ行ったのー?」と見失うこともしょっちゅう。
P1130403.jpg

機能的なバス&トイレルーム。写真に写ってないですが、シャワールームにすのこが敷いてあって、ほんのりひのきの香りがします。
P1130432.jpg

今回の子連れ旅でレジデンスホテルのありがたさを実感しました。普通のホテルだと子供が寝た後は電気もつけずに抜き足差し足忍び足、ひっそりごにょごにょ会話しないといけないのが、ベッドルームが別だとその心配はナシ。乾燥機能付きのドラム洗濯機があるので洗濯物が増えても大丈夫。自宅と同じように過ごせるのでストレスがありません。

今までソウルの5ツ星ホテルからビジネスホテルまでかなり色々泊まりましたが、ここは個人的にナンバーワンです。ホテルのサービスや食事にこだわらなければ、狭い高級ホテルよりよほど贅沢な気分が味わえると思います。
P1130393.jpg

場所もGOOD。地下鉄の建大入口(コンデイッグ)駅がすぐ目の前。明洞まではちょっと遠いですが、江南エリアなら10分程度。そしてホテルの周囲にはロッテ百貨店や巨大スーパーのEマートが入っているので、こっちで食材を調達してくれば部屋でゆっくり食べられる。外食はなかなか難しい小さな子連れ家族にほんとにお勧めです。

これで一泊一部屋15,800円から~ですよ[黒ハート]

コメント(2) 

明洞にて [ソウル生活]

今回、明洞に「8ight seconds」という新しいお店がオープンしていました。ロッテ百貨店側から入る目抜き通り。
P1130264.jpg

何気なくふらっと入ってみたら、これがすごく可愛い!H&Mとかforever21のようなファストファッション系ですが、とてもそんなお値段には見えない素敵な服ばかり。

一体どこの国のブランドだろうと思って店員さんに聞いてみると・・・8ight secondsは韓国のブランドよ、と言われて二度びっくり。年々おしゃれになってきている韓国。ほんとに目が離せません。

携帯サイズの小さなバッグを色違いで購入しました。
P1130265.jpg
荷物を入れると伸縮性のある生地がびよーんと伸びてかなり大きくなります。お値段5900ウォン(≒400円)。ぶらぼー。

・・・帰り道、ちょっとした事件が。(お食事中の方はご遠慮くださいませ[たらーっ(汗)]

この日もSooを連れてのショッピングだったので1時間程度で体はくたくた、もう帰りはラクしちゃおー、とタクシーに乗りました。話好きの運転手さんで、私が日本人だと言うと興味津々で色んな話をしてたのですが、途中でSooがケポッ、とミルクを吐き戻し、バッグの中のタオルに手を伸ばした次の瞬間・・・

そのままものすごい量をリバース!ひーーーーー!!(←ほんとにこんな声が出た。)服もバッグも車内もミルクまみれ!母は一人でパニック状態。

「オットッケ・・・オットッケ・・・(どうしよう・・・)」と繰り返すばかりの私に、運転手さんは「大丈夫。落ち着いて。これあげるから、まず拭いてね。」とウェットティッシュを手渡してくれる。ほんとにすいません、ありがとうございます。最後までこれしか言えなかった私をホテルの前で「いいから早く行きなさい!大丈夫だから!」と快く送り出してくれました。

予期せぬことが起きる子連れの外出。人の親切は本当に身に沁みます。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。