So-net無料ブログ作成
検索選択

◆チェジュ島旅行◆子連れリゾートホテル「THE SHILLA JEJU」 [2013 Jeju]

P1230890.jpg
そもそも今回のチェジュ島旅行は、このホテルに泊まるのが半分目的みたいなものでした。

済州新羅ホテル
shilla.JPG
このプライベートビーチハウスの写真にとっても惹かれて!!(公式写真より。実際はここまで綺麗じゃなかったけど。。笑)そして2泊3日の滞在を終える頃には、本当にこのホテルのファンになっていました。
P1230465.jpg
P1230464.jpg
P1230466.jpg
P1230451.jpg

ただ個人的に申し上げておきたいのは、大人の優雅なリゾートを想像していくと正直がっかりするかもしれません。それはホテル側での問題ではないんです。何といっても・・・子連れ家族が多い!多すぎる!今まで行ったリゾートの中ではダントツで、8~9割方は子連れだったんじゃないでしょうか。

レストランは賑やか過ぎるほど賑やか、プールは完全に幼児プールと化し、ロビーでは子供たちが走り回る・・・。もし自分たちが子連れじゃなかったら正直辟易してたかもしれません。
(大人のリゾートを求めていらっしゃる方は、こちらのヘビチホテルが評判いいみたいです。)

でも!それは逆に言えば、子連れには最高のホテルということ。行く先々で子供が騒いでもぐずっても余り気を使わなくていいし、色んなサービスが本当にありがたくストレスフリーで過ごせました。

P1230428.jpg
P1230425.jpg
今回はハルラ山が見えるマウンテンビュー側のお部屋。ホテル自体はそんなに新しくはないので、お部屋の造りも至って普通ですが、ソウルの新羅ホテル同様バスルームの作りが広くていいです。

必要なものは無料レンタルがあり、我が家は加湿器、子供用の洗面台ステップ、ベッドガードをお願いしました。
とにかくsooは寝相が悪いので、毎回ホテルに泊まる時は椅子やクッションで落下防止のバリケードを作っているんです。今回はその手間が省けました。

あと、うっかりiPhoneの充電器を忘れてしまったんですが、5階のコンシェルジュで充電サービスがあります!ありがたやー。
P1230879.jpg
初日はさっそくビーチの方へ。梅雨に入ったばかりでお天気あんまり良くなかったのですが、あちこち散策するにはちょうどいい気温。実は海に出るのはかなり大変で、200段近くの階段を上り下りする必要があります。
P1230526.jpg
こんな道がずーっと続き、最後に険しい階段が。ベビーカーなどではアクセスできないので、パパに頑張ってもらう必要があります。笑

P1230532.jpg
海辺に着いたら、例のプライベートビーチハウスで一休み。(利用は無料です。)ここで頂けるルイボスティーが本当に美味しい

P1230540.jpg
ビーチを興味津々で眺めていたSooさん。このあと一緒に浜辺に出てみました。砂遊びセットも無料で貸し出しがあります。

一緒に砂山作って~、そこに水流して~、とのんびり砂遊びを想像していた母ですが。。。甘かった。
母の手を振り切り喜びいさんでビーチを走り回り、やっと戻ってきたと思ったら砂をつかんでは撒き、つかんでは撒き・・・完全に砂かけババア化

二人で砂まみれになって戻ったら、ビーチハウスにいたLEEパパに爆笑されました。あぁ、、母が静かに砂の山を作れる日はいつでしょうか。

P1230495.jpg
その後もビーチからガーデンへずっと歩き回ります。
P1230844.jpg
P1230892.jpg
小さな動物園、発見!他にもウサギやリスが。

P1230888.jpg
小さなお花畑。

P1230870.jpg
済州新羅ホテルの名所のひとつ「シュリベンチ」。日本でも人気だった韓国映画、「シュリ」のラストシーンの撮影に使われたベンチだそうです。私は映画を観たことないんですが、それを抜きにしても目の前に広がる海と波音に癒される、ずっと座っていたくなる場所でした。

次回は食事系、その他のサービスをご紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

やっとやっとの一番絞りフローズン [ソウル:レストラン&ショップ]

旅行記、の前に。

今日は前から楽しみにしていた「一番絞りフローズンガーデン」の日!!

去年の夏、友人たちがFBなどにアップしてるのを「いいなー、飲みたいなー、。。。」と指をくわえて見ていた私ですが、今年はなんとソウルで飲めるというではないですか!しかもカロスギルのおしゃれなガーデン!(7月2日までの期間限定です。)

これは行かないワケにいかないでしょ~、とお料理教室仲間で昼から繰り出してみました。

写真 3 (3).jpg
毎日大行列、と聞いていたので、11時のオープンに合わせて入店。お天気も良かったので、木陰が気持ち良さそうなテラス席へ。

写真 1 (2).jpg
わーい、かんぱーい!

この一口目のなんと美味しかったことか・・・。フローズンなしゃりしゃりの泡と一緒に流れ込んでくるキンと冷えた黄金の液体。あぁ、日本のビールってやっぱり美味しいなぁ。

今日の仲間は全員ママで、最近子供が保育園に通うようになったばかり、という共通点があります。昼間からこんなところで飲めるという数ヶ月前までは考えられなかった幸せを、皆で噛み締めていました。笑


写真 2 (2).jpg
ランチはモスバーガーとのコラボレーションセットメニューがあり、そちらを注文したんですが・・・

モスバーガー???

・・・パティがほのかにニンニクのかほり。惜しい。・・・いや、結構遠いかも。笑
(でもソウルにあるモスバーガーの店舗ではちゃんと日本と同じものが食べられますよー。)

そしてほろ酔いになりながらお店を出る頃にもずーっと行列は続いていました。ここ、韓国人にも本当に人気みたいです。

期間限定と言わず、そのまま通年営業してほしいお店でした。

もう来週までですが、いちおう情報のっけておきます。

ichiban.jpg
場所はカロスギルの中間あたり。11時~22時まで営業してるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

旅行から帰ってきた店長のつぶやき [2013 Jeju]

P1230726.jpg
初めての済州(チェジュ)島、総括。

◆ここは子連れのためのリゾートと言っても過言ではないほど小さい子連れ家族が多い。
◆済州新羅ホテルは食事、サービス、設備、どれをとっても最高!
◆海よりは山、木々の深い緑を楽しむ場所。
◆そして想像していたよりも遥かに大自然。娘がキャンプとトレッキングを同時に楽しめる歳になったらぜひ再訪したい。

こんな感じでしょうか。

夫婦二人でこういう場所に来たらアウトドア一直線で行くとこですが、本格的なイヤイヤ期に突入した娘を抱えながらの旅は半分修行。なるべく予定はたてず、余裕を持ってホテルステイを満喫することにしました。

とは言いつつ実は個人的に行きたい場所がいくつかあって、それを達成できただけでも母、ご満悦です。笑
(ヒントは写真石鹸です!)

・・・明日からゆっくり旅行記を綴っていきたいと思います。

今日は朝イチでたまっていた発送を済ませ(お待たせしていたお客様、すいません。)、洗濯機を3回ぐらい回して掃除して、午後から出かけたついでにまた発送、そして夜は会員様限定シークレットセールの登録作業、と飛ぶように過ぎていった一日でした。

そうです、セール始まりますよー!

告知したところで、おやすみなさい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

韓国子供服という世界 [ANOOK Diary]

写真 (4).jpg
こちらはオーダーショッピングでご注文頂いたお洋服たち。袖を通してもらえる日を夢見て、静かに並んでいます。

ピンクフリルはアローコットンの新作「リリクルパンツ」。モデルちゃんと同じ、白のティミールタンクトップと合わせてのご注文が大人気です。

早いものでショップを始めてもうすぐ半年。職業と言えるかどうかは分かりませんが、私にとってこれは「天職かも!」と思う毎日です。

とにかく小さくて可愛いお洋服を見ているだけでも幸せ。それを手に取り、お客様にお送りするべく一枚ずつ丁寧に包んでいる時間は何よりの癒しかもしれません。子供服ながら意外と流行を押さえているものも多いので、色使いやコーディネートなど日々勉強させてもらってると思います。

さて、冒頭のオーダーショッピングというシステム。最初は試しにやってみるか、ぐらいの軽い気持ちだったのですが、実は韓国子供服ファンの方のニーズにぴったり合っていることが分かりました。

まず韓国子供服というのは毎日のように新作が発売されます。日本で人気のある主要ブランド(綺麗なモデル写真が作成されているもの)は特にその傾向が強いです。さっきアローコットンの2013Spring/Summerの商品を数えてみたら、なんと!!現時点で200種類近く(カラー別で小物なども含む)ありました。一ブランドだけでこの数なので、全てを合わせたら途方もない数になるのがお分かり頂けると思います。

そして発売から一ヶ月前後で順々に生産終了していきます。人気商品は工場側でリオーダー生産(再生産)に入りますが、それでも全てのサイズやカラーが作られない事もあるので、自分が欲しい商品を確実に手に入れようと思ったら発売後2~3週間以内に購入する必要があります。商品によってはもっと短いです。

これは一般消費者もショップ運営者も全く同じ条件です。つまりショップ側としては、販売商品を確保したければ発売直後にどんどん仕入れていくしかない。商品の売れ行きを見ながら・・・ということが非常に難しいんです。

でもよほど大きなショップでない限り、これは不可能に近い。特にうちのように店長一人体制の弱小ショップはそんなことやってたらあっという間に在庫の山に埋もれてつぶれちゃいます。笑

そこで考えたのがオーダーショッピング。韓国現地にいるからこその強みを生かしたシステムです。感覚としては、新作の発売直後に「こんな商品出ましたよ!」とお客様にお知らせして予約を受け付ける、という感じでしょうか。

その予約(つまりオーダーショッピングのご購入)が早ければ早いほど確実に商品が手に入ります。入荷するまでの期間は通常1~2週間ですが、ショップ側の仕入れ段階での商品選別に左右されることなく、また希望サイズ、カラーの在庫切れを心配することなくご購入いただけるのが大きなメリットです。

ただこれも私一人でやってるので、全ての商品をアップするというのは到底無理な話で・・・。最後の頼みは「Special order for you」。

もう、にわか店長の私なんかよりお客様の方がよっぽど韓国子供服に詳しくていらっしゃるんですね。「このブランドの、このお洋服のお取り扱いはありますか?」とお問い合わせ頂ければこちらで商品をお探しします。商品名や商品画像、他サイトのURLなど、お分かりになる範囲で結構です。

先日も「アンナオリーブのお洋服で色々欲しいものがあるんですが、全てを扱っているショップがあまりなくて・・・」とおっしゃるお客様から大量オーダーを頂きました。
まさに!こんな時こそうちの出番!と一人張り切る店長。無事に本日すべて入荷しましたよ~。

最近は、半数近いお客様からリピート購入して頂いてます。ほんとにありがたいことです。
感謝の気持ちをこめてお洋服と一緒に心ばかりのプレゼントを同封しておりますので、これからも宜しくお願い申し上げます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

アックジョンのキッズ専用美容室「JIAMO HAIR」 [ソウル:子連れスポット]

生後5、6ヶ月の頃は我が家で「一休さん」と呼ばれていたSooも、ついに生まれて初めてヘアカットに行くことになりました。(もう半年ぐらい前のお話です。)

しかしいったいどうやってカットさせればいいんだ?決していい子で座ってるようなタマじゃないし、不器用な母がハサミを入れるのは色んな意味で怖すぎる・・・。

悩みつつちょこっと検索してみたらアックジョンにキッズ専用美容室があるのを発見!

料金はカット3万ウォン、とキッズにしてはお高めですが、待ち時間もキッズスペースのおもちゃで遊べるらしいし意外といいかも。さっそく電話予約して行ってみることにしました。場所はアックジョンと新沙カロスギルのちょうど中間ぐらいにあります。お店は2階なのにエレベーターがない!ので、ベビーカーの場合は店員さんを呼んで手伝ってもらいましょう。

写真 2.jpg
店に入るなり、おもちゃに興味津々。

写真 1.jpg
キッズ美容室と言えばコレ!ですね。

車にのせられ、ケープをかぶせられ、両手におもちゃを持たされ、目の前のiPadではポロロのアニメが始まり・・・
写真 3.jpg
いたれり尽くせり状態でカットが始まります。いつ嫌がって暴れ出すかとヒヤヒヤしてる母の心配をよそに、カットが終わるまでびっくりするぐらいおとなしくしてました!

終わった後、美容師さんに「実は今回が産まれて初めてのカットなんです。」と言ったら、一束の髪を小さなカプセルに入れて包んでくれました。とっても嬉しいサービス。

::JIAMO HAIR::
서울특별시 강남구 신사동 553-10
TEL 02-3446-6058

次回は明洞のキッズ美容室をご紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

絶対おトク!!な韓国の雑誌 [ソウル生活]

在韓の方だけではなく、旅行者の方もチェックする価値大アリ!なのが韓国雑誌です。とにかく付録がすごい。

日本の雑誌の付録はブランドコラボレーションしたバッグやポーチなどが多いイメージですが、韓国では化粧品現品が付いてくる事も珍しくありません。

今まで見て一番すごかったのは、La Prairie(ラ・プレリー)のミニクリーム。商品名までは覚えてないんですが、店員さんに「このクリーム、値段に換算すると12万ウォン(≒1万円ちょい)ぐらいよ。元が高いクリームだから!」と言われてぶっとびました。

たかだか数千ウォンの雑誌に12万ウォンの付録がついてくる・・・もう何が何だかよく分からない世界です。

そして今日買った雑誌「Singles」。
写真 1 (2).jpg
付録のお得度はじゃっかん低め。アベンヌウォータースプレー50ml 現品+済州(チェジュ)島特集の別冊付録付きです。
写真 2 (2).jpg
月末に早めのバカンスでチェジュに行く予定なので、どちらかというと別冊に惹かれて。

まだパラパラっとめくってみただけですが、チェジュ島の最新スポットが綺麗な記事で紹介されていて、まるで「CREA TRAVELLER」みたい!旅気分が盛り上がります。

ちなみにこの雑誌の6月号はクリニークのミニセットが付いてました。50ミリぐらいのクレンジング、ローション、クリームのセットで、買ったら数万ウォンするんじゃないかな?という内容。

教保(キョボ)文庫などの大きい書店に行くと、その月の付録たちがガラスケースに並んで展示されてたりするので、ぜひチェックしてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

Goto mall へ GO GO [ソウル生活]

「さあ、今日は気合入れてショッピングするぞ!!」な日。私が向かうのは明洞でもなく東大門でもなく、ここ「Go to mall」です。

写真 2.jpg
地下鉄3号線、高速ターミナル駅直結。昔はもっと雑多な雰囲気でしたが、去年全面リニューアルされて、だいぶ明るく見やすく生まれ変わりました。

とにかくハンパない店舗の数で、端から端まで一駅分ぐらいありそうな長さ。それゆえ全てのお店をじっくり見ようと思ったら4~5時間はかかります。半分ぐらい周ったところで精も根も尽き果て・・・結局毎回タイムアウト、泣く泣く家路につくんですが、その分宝探しの楽しさと言ったらこれまたハンパない。

そうです、宝探しです。平均価格5,000ウォン~15,000ウォンぐらいの埋もれそうな洋服の山からキラッと光るお宝を見つけた時の嬉しさ。

前にちょっと書いたことがありますが、ここで見つけた1万ウォン(≒850円ぐらい)の洋服に付属してたベルト恵比寿アトレで4,000円で売ってたことがあります。ベルトだけで、ですよ!

写真 1.jpg
更には洋服&アクセサリーだけではなく、食器や造花、インテリア装飾、絵画・・・とにかく何でもあります。時間をかけてみればみるほど、掘り出し物がたくさん出てくると思います。

一番端には小さな食堂街があり、今日は「ジャンチグクス」を食べてみました。
写真 3.jpg
いわゆる韓国の「にゅうめん」。お祝いの時に出されることが多いので「ジャンチ(=宴会、パーティー)グクス」と名づけられています。

そして今日のお宝は・・・

写真 (4).jpg
ピアス(どちらも5,000ウォン)と小さなバラ(の造花)。他にもシンプルなカーディガンやおしゃれなスリッパやiPad ケースや・・・色々と収穫のあった日でした。

Go to mallの詳細はこちら。(コネストさんより。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

ウェルビーイングな韓定食カフェ「cafe parc」 [ソウル:レストラン&ショップ]

ソウルの漢江鎮(ハンガンジン)エリアは、おしゃれなカフェや美味しいレストランが多いことで有名です。ちょっと路地裏に入れば思いがけず素敵なお店があったり。

今、通っている韓国語教室がまさにこの漢江鎮にあるので、ぷらぷら一人ランチ&お茶した後に教室に駆け込むのが定番になりつつあります。(のんびりしすぎていつも遅刻。。)

ある晴れた初夏の日。カフェテラスとかでランチしたいな~、でもなんとなくピザやパスタという気分じゃない・・・そろそろ限界になりつつある空腹を持て余しながらも、お店を決めかねていた私。

実はこの二つを満たしてくれるとこってめったにないんです。韓国ではカフェ=ピザ、パスタ系が定番なので、それ以外が食べたければ思いっきり路線転換するしかありません。じゃあ韓定食のシゴルパプサンか?・・・んー、でもこんな気持ちいい日はやっぱり外の空気を感じられるカフェがいい!

心の中でブツブツ自問自答しながら歩いていましたが、いい加減時間もなくなってきたしプジャピザあたりで妥協しようかな、と思っていたとき。

「お?」ふと目に入ってきた白い看板、「cafe parc」。
写真 4 (2).jpg
こんなとこにカフェがあったとは。ちらっと店内を伺った感じ、かなり雰囲気良さそう。またパスタ系かな・・・と思ってよく見たら「Korean Mother's Recipes & more」って書いてある~!

さっそく入口近くにいた店員さんにメニューを見せてもらいました。そこにはまさに私が求めていた韓定食のメニューがずらり。ランチセットが9,000ウォン前後、とこのあたりにしてはリーズナブルなのも嬉しい。

言うまでもなく入店して窓際のテラス席に通されました。
写真 3 (2).jpg
開け放たれたテラスから入ってくる心地いい風。目の前の緑もいい。とっても、いい。

写真 2 (2).jpg
この日は魚メニューを注文。確か、さわらの塩焼き定食、だったかな?おかずが全体的に薄味で物足りなさもあるんですが、韓国でもブームになって久しい「ウェルビーイング」(日本で言うところの「ヘルシー」や「ロハス」)な食事なんだと思います。いつもの激辛あっちち!!な韓国料理に疲れた時にも良さそうです。

もう少ししたらお惣菜の販売も始める予定だと言ってたので、近々また行ってみなきゃのcafe parc。

写真 1 (2).jpg
場所は、プジャピザの右側の道を登っていってすぐのところです。(サムスン美術館Leeumの方からも行けるみたいです。)

◆cafe parc◆
서울시 용산구 한남동 743-1
tel : 02-792-2022

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

最高に美味しい!Kim先生の韓国料理教室 [ソウル生活]

曲がりなりにも韓国にお嫁入りした私としては、本格的な韓国料理を学ぶことが目標のひとつでした。

せっかくこちらで暮らしているのだから、韓国ならではの食材で美味しい料理が作れるようになりたい。そして「こんなのも作れるようになったの!」とLEEMANが目を輝かせて喜んでくれるのが嬉しくて。笑
目指すは和韓折衷な食卓です。

そんな時に友人が誘ってくれたKim先生の韓国料理教室。先生の素敵なご自宅で月に一回、韓国家庭料理を教えてもらえます。
P1230136.jpg


とにかくメニューの内容といい、盛り付け方といい、使われている食器といい・・・これぞまさに私の求めていた料理教室。美味しさは言うまでもなく。お店で食べる刺激的な韓国料理もいいですが、ほっとする家庭料理は何よりのごちそうだと思います。

ドゥルッケカル・スンドゥブ。ドゥルッケカル、とはエゴマの葉を粉にしたもので、スープ系の料理に入れると本当に美味しいんです。スンドゥブチゲは本来激辛で有名ですが、これは辛さゼロ、まろやか~で優しい味。
P1230137.jpg


タレに漬け込んだ豚肉を網焼きにしたプルコギ写真には写ってませんが、エゴマの葉で巻いて食べるのが韓国流。
P1230363.jpg


アワビが日本よりも格段に安い韓国では、こんなアワビご飯も家庭料理の一つです。柔らかく蒸されたアワビが絶品。特製タレをかけて頂きます。
P1230132.jpg


このテンジャンチゲは本当に美味しかった!家でさっそく作ってみたら大好評でした。
P1230356.jpg


特に先生のお料理ですごいと思うのは、ダシダ(韓国で定番の粉末調味料?)などの化学調味料を一切使わないこと。全部「前の晩からお水につけておくだけよ。」な昆布だし、煮干だし、etc...
今まで出汁をとるのはめんどくさい!と思ってたけど、実際言われたとおりにやってみるとほんとに簡単に、美味しくできちゃうんですね。

ダシダってちょっと料理に加えるだけで味が調うのはいいんですが、何だか単調な味になってしまうし、「実は塩分すごいんでは・・・」と気になってたんです。最近カロリーよりも塩分が気になる我が家としては、このまま脱・ダシダを目指していこうと思います。

P1230148.jpg
P1230144.jpg
皆でおいしく料理を頂いたあとは、こんな素敵なガーデンを見ながらお茶タイム。作ったばかりのトック(お餅)と一緒に。

今年の夏は、韓国料理によく使われるメシル(梅)エキスを作ってみます。青梅、買うどー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(11) 

ネイルでネオンカラー ON! [ソウル:ちょっとイイモノ]

今年の夏は韓国子供服界にもネオンカラー旋風が吹き荒れています。どのブランドも目の覚めるようなネオン、ネオン、ネオン!

そんなお洋服を毎日眺めていたら自然とこっちまでネオンカラーな気分になってしまい、夏限定のペディキュアはネオンオレンジで行こうと決めました。基本ゴールド系のサンダルが多いので、相性ばっちり、な、ハズ?

そこで東大門ミリオレのネイルモールまで足を伸ばそうか、と思いながら・・・ふと、もしかしてどっかの韓国コスメブランドから出てるんじゃ??

はい、探しに行くまでもなくあっさり見つかりました。どのブランドも当然のようにネオンカラー花盛りです。値段も相変わらずのプチプラっぷり。

写真 (4).jpg
ちょっと迷った末に、もはや定番になりつつあるinnisfreeのものを選びました。店頭で試しに一塗りしてみたらすごく綺麗な発色!これが2,500ウォンなんて。。。
前から思ってたんですが韓国コスメのマニキュアっていい意味で値段に見合わない優秀なものが多い気がします。

他にネオンピンク、ネオンイエローもあり。こういう色味をフレンチネイルの爪先にちょこっと使うのも可愛いかも。

今年の夏はちょっとネイルにはまってしまいそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。