So-net無料ブログ作成
検索選択

付岩洞デート ~あの有名カフェ! [ソウル:レストラン&ショップ]

付岩洞を有名にしたのはおそらくここの存在が大きいんじゃないでしょうか?韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」の撮影に使われたカフェ「サンモトゥンイ」。
P1240426.jpg
日本人観光客にも大人気らしく私もずーっと行きたいなぁと思ってたんですが、今回やっと実現させることができました。

P1240429.jpg
P1240438.jpg
って実はドラマ見たことないんですけど。。笑 それでも山と緑に囲まれた素晴らしいロケーションは、一度足を運べばトリコになってしまいます。

P1240479.jpg
P1240476.jpg
P1240423.jpg
P1240459.jpg
P1240443.jpg
景色はおそらくテラス席が最高ですが、じりじり焼け付くような暑さでやむなくエアコンの効いた店内へ。
P1240447.jpg
P1240458.jpg
窓ガラス越しに広がる北岳山(プガクサン)の緑、そして万里の長城のような城郭(ソンガク)キルまではっきり見てとれます。城郭歩きは一度やってみたいなぁ。チビ連れだとなかなか厳しいので、数年後の夢にとっておきましょう。



P1240446.jpg
古いミシンがテーブルになってる面白いつくり。
P1240451.jpg
ここで注文したコグマ(さつまいも)ケーキが本当に美味しかったです。しっとり甘いコグマがたっぷり。

二人でおいしいおいしい、とケーキをつつきながら、いつまでも他愛ないことをおしゃべりしてました。メインテーマは「老眼について」・・・・・・。手元のレシートを目に近づけては、ピントが合ったー!合わないー!すごい、カメラのレンズと全く同じだねー!と盛り上がっていた色気のない夫婦でございます。

P1240478.jpg
P1240464.jpg
そして窓の外にふと目をやっては「本当に癒されるね~」とつぶやくLEEMAN。彼は普段、せっかくハンガンジンあたりでお茶しても、飲み終わった(食べ終わった)瞬間「じゃ、行こうか!」とさっさと席をたつ人です。どうやらおしゃれなだけのカフェには全く興味がないらしい。そんな彼がここでは全くそんなそぶりを見せず、気づいたら1時間半経過。・・・やっぱり特別なカフェです。

帰り道はゆっくり散策しながら歩いてみました。
P1240421.jpg
P1240484.jpg


P1240419.jpg
P1240411.jpg
P1240408.jpg
ちょっとしたところにこぢんまりなカフェやアートスペースが点在していて、ここは何だろう?と興味を掻き立てられます。
P1240495.jpg
P1240489.jpg
P1240487.jpg
P1240499.jpg

美味しいお店が他にもたくさんあるようなので、今度もう一回訪れてみたい付岩洞。

今日見つけたアートな?洗濯物。
そのいち。
P1240494.jpg
そのに。
P1240512.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2) 

付岩洞デート ~ジャハソンマンドゥへ [ソウル:レストラン&ショップ]

前回の記事に引き続き。そろそろ夫婦の平日デートも行き収めということで、この日は前から気になっていたエリア、付岩洞(プアムドン)まで足を伸ばしてみました。

景福宮(キョンボックン)からさらに北の方へ、タクシー(またはバス)で10分程度。たったそれだけの距離なのに、ソウルの喧騒とはかけ離れた緑豊かな自然に出会えます。

まず向かったのは有名な「ジャハソンマンドゥ」さん。

P1240369.jpg
このお店は、我が家が絶大な信頼を置いているグルメガイド「本当は教えたくないおいしいソウル108店」に掲載されていたんですが、調べてみたらすごい有名店なんですね。化学調味料を一切使用せず、全てが手作りという餃子専門店で「韓国を代表するレストラン・ベスト100」にも入ったことがあるとか。むふふ。否が応にも高まる期待。

お店に到着したのはちょうどお昼時の12時ぐらい。平日にも関わらず後から後からお客さんが入ってきて、あっという間に埋まってゆくウェイティングリスト・・・。正直ここまでとは思ってなかったのでびっくりです。

P1240367.jpg
P1240383.jpg
外のテラス席はまだ空きがあったのでそちらをお願いしました。気持ちいい木陰で、お庭の緑に癒されるーー。
P1240384.jpg

私は色とりどりのトックマンドゥクック。LEEMANは普通のマンドゥクック。ですが・・・お値段びっくり、12,000ウォンもします!普通のお店の約2倍。

P1240390.jpg
P1240396.jpg
お味はとにかく優し~~~~いです。特に私が選んだトックマンドゥクックの方は、普段なるべく薄味に徹している我が家でもかなり薄く感じます。でもそれがキムチと一緒に食べるとちょうどいい。この美しく盛られた白菜キムチも絶品でしたが、
P1240387.jpg
こちらは初めて食べました!ありそうでない、キャベツのキムチ。
P1240388.jpg
ほんのり甘くてすっごく美味しい。今度家でも作ってみようっと。

そしてフチがカリカリで美味しかったピンデトックに
P1240386.jpg

デザートで山桃?のシャーベット。
P1240399.jpg
はぁぁ、美味しかったねぇ、と一息ついて、次の目的地へ向かいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

パパのいる生活 [ソウル生活]

我が家はこの半年間、家に24時間パパがいる生活でした。

冬のある夜。LEEMANが帰宅するなり「明日からもう会社行かないよ。」
「・・・は???」一瞬ワケが分からず、ものすごーーーく面食らった私。

なに?乳飲み子抱えて路頭に迷うの?新居への引越しは?始めたばっかりの私のショップは??
一瞬いろんなことが頭をよぎりましたが、この局面でこんな決断をするからには相当なことがあったはず。妻として問い詰めたい気持ちをぐっと抑えて「あっ、そう。」と一言で留めておくことにしました。

幸い数ヶ月間はそのままお給料が出て、会社にも在籍扱いになるとのこと。
焦ってヘタに転職する必要もないし休養も兼ねて家で育児をやるよ、と言ってくれて、私としてはその喜びの方が断然大きい。かくして早くもリタイア生活に入ったかのようなのんびりした日々が始まりました。

ちょうどSooの保育園が決まり、平日の昼間は夫婦の時間がたっぷりです。美味しいランチを食べ歩いたり、登山したり、漢江サイクリングしたり。二人でこんな時間を持つのが久しぶりでとても新鮮に感じます。そしてパパ24時間体制の育児サポートがこんなにありがたいものだとは!

家事を手伝ってくれるのはもちろん、私が用事で遅くなる日は保育園にお迎えに行ってくれたり、公園に連れ出してくれたり、具合が悪い時は病院に連れてってくれたり。ぐずりも二人で対応できるからゆっくり夕食が作れるし、寝かしつけはほぼ毎晩担当。

家にパパがいるのが当たり前なので、たまにSooが保育園から帰ってきてパパの姿が見えないと「아빠 없네?(パパいないね?)」と首を傾げます。「もうすぐ帰ってくるから待ってようね。」となだめても、アッパ?アッパ?と何度も玄関の方へ。そのうちドアのキーをピッ、ピッ、と解除する音がして、二人して「アッパだーーー!!」と声を張り上げる母娘。他愛のない日常とはかくも貴重なものでしょうか。

・・・今回、無事に転職が決まり、LEEMANはまたリーマン生活へと逆戻りすることになりました。もちろん働ける場があることに感謝すべきですが、正直ため息しか出ない私。改めて家族が家族として在る幸せを実感する日々で、自分の人生で何にプライオリティを置くべきか思い知らされた気分です。

今まで自分のベクトルは外へ外へと向かいがちでしたが、今はだんだんとそれが内向きになってきているというか、もっと家族のために自分の時間を使おう、と思い始めてたりします。

そしてパパの育児休暇取得というのは実際に色々なハードルがあると思いますが、こんなに家族皆が幸せになれる事も他にないんじゃないかな?と実体験としてしみじみ思いました。取得できる立場にある方は、どんどん取得されてみてほしい。ほんの僅かな期間でも一緒にどっぷり育児をやってくれたという感謝の気持ちは、パパ人生において決して消えることのない勲章です。

まあうちの場合は育児休暇でも何でもなく、「一家の大黒柱、突然プーになる」の巻、だったわけですが。いやぁ、やっぱり仕事決まって良かった・・・。笑

そんなこんなでお知らせ。
今後またもや東京駐在で日本に戻る可能性が出てきました。。。。。。。あははは。。。。
もう笑うしかない根無し草生活、つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2) 

SOO's Fashion Book ~SALE! SALE! [ANOOK Diary]

人も料理も何かとアツい韓国ですが、この季節何よりHot!!!なのはバーゲン!街に出れば「SALE」の文字が躍りまくり、思わず一緒に踊っちゃいそうになります。

とにかく安すぎる。いつも安いショップがさらに安くなるので、洋服に雑貨に化粧品に、あふれる購買意欲が止まりません。いわんや子供服をや。

というわけで、昨日は久しぶりに完全プライベートの(仕事関係ではなく。)南大門クルーズ、今日は今日で明洞へ行ってきました。

韓国子供服も現在は全てのブランドが30%オフセールに入っています。新製品は6月末で打ち止め、7月末~8月からは秋物が出るようです。私もAmberやPeach & Creamでセール品をいくつか購入しました。

狙い目はすべて大きめサイズ。「子供服はセールで来年サイズを買う!」というのが密かな定番になっているので、今Sooが着ている服は妊娠中に日本で買ったものも多いです。これが来年には韓国子供服に総入れ替えされることでしょう。

これまでの収穫。

おようふく@南大門市場、sweven、明洞H&M
写真 2 (2).jpg
よそゆきワンピースから日常使いまでほとんどSサイズ。かなり大きいものもあり、ざっと一年半分、かな。笑
これだけ買っても日本円で2万円弱ぐらい。よく見たらトップスばかりなので、もう少しレギンスを買い足そうと思います。

レインブーツ@南大門市場、くつ3足@明洞H&M。
写真 3 (4).jpg
H&Mベビーのセールは相変わらずすごい安さでした!色違いで買った手前の靴、一足9,000ウォン。スニーカーは7,000ウォン。

梅雨明けの本格的な外遊びに備えて、こういう何にでも合いそうな靴を探してたんです。子供靴ってほんとに消耗品というか、活発に走り回ってるとあっというまにボロボロになるので、何足でも買えちゃうこのお値段は本当に嬉しいなぁ。しかもセール品を3点以上お買い上げの方はそこから更に30%引きというとんでもない割引率でした!

アクセサリー@南大門市場、sweven
写真 4.jpg
MaryJaneのリバティプリントネックレスは現在sooが付けられる唯一のネックレス。可愛いのでセールで違う種類を買い足しました。(青色のやつ。)しっかりした布製でいくら引っ張ってもちぎれる心配がないので安心です。残りのアクセサリーは色々溜まっていくけど、引っ張るクセがなくなるまでもう少しお預け。。。

こんな調子で甥っ子の洋服までいっぱい買っちゃいました。男の子の洋服選びもまた趣向が変わって楽しい~。

いつもLEEパパに「もうSooは完全に着せ替え人形だね~。」と笑われます。はい、それは認めます。今、間違いなく一番楽しい趣味です。でもいつまでお人形ちゃんでいてくれるかなぁ。私は母と洋服の趣味が正反対だったので、それを考えるとドキドキします。笑

そんなお人形ちゃん、こないだオリニチプから帰ってきたら頭にツノが生えてました。
写真 1 (2).jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

コンビニジュースがカフェドリンクに早変わり! [ソウル:ちょっとイイモノ]

最近ちょっと感動した韓国コンビニのサービス。

ジュースを買ったら
写真 1 (4).jpg
レジの店員さんに「外でご自由に氷をお取りくださいね。」と言われ。



氷??なんのこっちゃ?



と思いながら外にあったアイスボックスをのぞいてみると・・・

写真 2 (4).jpg
これだ!!

そう、この氷入りカップにジュースを注いで飲んでくださいね、ってことだったのです。

別にそのままでも飲めるんですが、こっちのほうがカフェのドリンクみたいでちょっと嬉しい。美味しい。

写真 3 (3).jpg
冷たいドリンクが飲みたいけど、カフェに入るほどでは・・・、という時、コンビニのアイスボックスをのぞいてみてください。もしかしたらちょっとお得な気分になれるかもしれません。(一部のコンビニでのサービスです。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

キッズパーティーも!Boutique Restaurant 「Parlour」 [ソウル:子連れスポット]

雨続きのソウル。毎日、朝から晩までしとしと降っては止み、ざーっと一雨きたかと思えばまた止んで・・韓国の梅雨って本当によく降るイメージがあります。

気温25度ぐらいで凌ぎやすいのはいいんですが、洗濯物はおろか家中のものが全て湿っぽく朽ち果てていく感覚・・・。この天気はまだしばらく続くようなので、太陽との再会を心待ちにしていようと思います。

さて、こないだ行った素敵なカフェのお話。漢江鎮(ハンガンジン)の「Passion 5」と言えば在韓日本人の間ではスイーツで有名なお店ですが、その地下にこんなカフェがあったなんて初めて知りました。

写真 4.jpg
Boutique Restaurant「Parlour」。

この日も韓国語講座3時間・・・のはずが、先生の都合により急遽1時間で終了。せっかく子供は預かっててもらえるし、このままお茶でもする!?と日本人3人で盛り上がり、うきうきと向かいました。

写真 1 (3).jpg
写真 3 (1).jpg
ここのカフェは皆、初めてだったらしく、店内に足を踏み入れるなりすごいテンションのあがりよう。笑  
写真 5.jpg
何を撮っても美しくフォトジェニックな感じが個人的にとっても気に入りました。

写真 2 (3).jpg
ケーキはひとつ8,000ウォン前後。私達はそれぞれミルフィーユ、リコッタチーズケーキ、チョコレートケーキをオーダー。見た目も綺麗で本当に美味しい!

写真 2 (1).jpg
飲み物の値段はかなりお高めで、紅茶は1万2,000ウォンから。KUSMI TEAだから無理もないんでしょうか。こんな可愛いポット+ティーセットで提供されます。

帰り際にふと見つけたパンフレット。
写真 2 (2).jpg
なになに・・・Children's Party Packageって書いてある!?

なんとこんなおしゃれなカフェながら、キッズパーティーパッケージがあるようです。テーブルアレンジが5万ウォン~、パーティーメニューはミニバーガーやジュース、カップケーキなどのセットが3万ウォン/person だそうです。

写真 (5).jpg
むむむ、これは可愛い。2歳のパーティーにはちょっと早そうだけど、こんなお誕生日会やってあげたいなぁという夢がまたひとつ増えた帰り道でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

漢南洞の可愛すぎる子供服ショップ「sweven」 [ソウル:子連れスポット]

職業柄?子供服ショップ巡りが趣味と化している私ですが、最近お散歩途中に見つけてメロメロになってしまったお店がこちら。
写真 2 (1).jpg

Sweven
大使館やおしゃれなカフェが点在する漢南洞(ハンナムドン)エリア。ショーウインドー越しの洗練されたデザインの子供服は一瞬「ヨーロッパ系の子供服セレクトショップ?」と思ったのですが、中に入ってびっくり、正真正銘の韓国ブランドでした。

テイスト的にはBonpoint(ボンポワン)のようなシックで落ち着いた感じ。韓国子供服お得意のLIBERTY LONDONが使われたものも多いです。

平均価格は7万~8万ウォン前後と韓国子供服にしてはかなり高価ですが、その分生地や縫製がしっかりしているので品質は間違いないと思います。商品一枚一枚には素敵なショップタグ付きで、靴下などもきちんと小さな袋に入れられてる。(韓国ではこれ、めったにありません!)

さらにここの何が素晴らしいって、それはもう店内ディスプレイ!の一言に尽きます。

写真 (5).jpg
いつも「韓国子供服の店舗ってもう少し商品の見せ方を変えれば見栄えするのにな~・・・」と勝手に歯がゆく思っていたんですが、ここはそんな思いを見事に覆してくれました。お洋服と一緒に飾ってある小さなおもちゃやパーティーグッズたち(販売品。)そうそう、こういう夢のあるディスプレイが好きなんです。もう可愛すぎて、隅から隅まで何度も往復して見入っちゃいました。

そんな様子を見ていた店員さん、「2階には違うブランドが入っているので、そちらもご覧ください~」とのこと。お、何だろう?とワクワクしながら階段を上がると・・・

あら、こちらはBien a bien(ビエナビエン)が入っています!

写真 1 (1).jpg
ビエナビエンは南大門にも店舗がある人気の子供服ブランドで、最近はシンサあたりのセレクトショップでも見かけます。シンプル&ナチュラルテイストが洗練された雰囲気なのに、お値段はぐっとリーズナブル。平均価格は3万ウォン前後でしょうか。

ただ個人的にはシンプルすぎて少し物足りない、か、な~・・・と思ってたんです。・・・そう、思っていたはず、なんですが!

まさにディスプレイマジック。南大門でいつも見ていたお洋服たちが「えっ、こんなに可愛かったっけ!!?」と見違えてしまい・・・ちょうどセールで安くなってたこともあり、Sooの来年のサイズをたくさん買い込んでしまいました。シンプルなニットたちが本当に可愛くて。

お会計の時、セール情報希望者欄に名前を書いたら「あら、日本の方なの!?」となぜかびっくりされてるオーナーさん。他の店員さんにも「日本の方なんだって~!」と嬉しそうに話しかけてたので、このお店では日本人が珍しかったのかもしれません。

確かに観光エリアではないし地下鉄ではちょっと行きづらい場所ですが、こういうテイストが好きな方は足を運んで損はないお店だと思います。周囲には素敵なカフェもいっぱいありますよ~。

◆Sweven◆
서울시 용산구 한남동 68-15
68-15, Hannam-dong, Yongsan-gu, Seoul

tel 02-3785-0312

漢南のUNヴィレッジ向かい側の道路、その一本裏通りです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2) 

◆チェジュ島旅行◆「イニスフリー済州ハウス」で石鹸作り体験 [2013 Jeju]

韓国コスメのイニスフリーはチェジュ島由来の原材料を使っていることで有名です。定番はグリーンティーラインですね。

そして今回どうしても行きたかったのがこちら、「イニスフリー済州ハウス」。

P1230785.jpg
P1230739.jpg
P1230710.jpg
雑誌「Singles」の別冊付録で大きく紹介されていたんですが、写真で見るよりもずっと素敵な場所でした。
P1230807.jpg
同じ敷地内にはあの「O'sulloc(オスロック)」のティーミュージアムも併設されています。
(オスロックは今、韓国で一番おしゃれなティーブランドで、主に百貨店などに店舗あり。)
そう、私今まで知らなかったのですが、オスロックもアモーレパシフィック系列なんですね。
P1230699.jpg

P1230700.jpg
この周囲はずーっとお茶畑が広がっています。

韓国ではどこでも見かけるinnisfreeの店舗ですが、実はここでしか体験できない限定イベントがあります。それは・・・マイ石鹸作り!

最近「石鹸作りたい熱」に浮かされていた私は、雑誌の記事を読んでいてもたってもいられず。笑
LEEパパがSooを芝生の庭で遊ばせてる間、私一人で思いっきり堪能しちゃいました。

P1230708.jpg
まずはこちらのキットを購入します。価格は1万5,000ウォン。いくつかある種類の中から、一番肌に優しそうな?「SOYBEAN」を選んでみました。一つのキットで石鹸3個作れるのでとってもお得です。

P1230735.jpg
作業台は光あふれる素敵な空間。
P1230718.jpg
石鹸素地を手のひらで温め、粘土のように捏ねながら成分パウダーを少しずつ練りこんでいきます。

P1230721.jpg

P1230724.jpg 丸く成型して、パッドで模様をつけて、あとはゴールドのパウダーとスタンプで好きな柄を入れれば・・・あっという間にできあがり!所要時間20分ぐらいです。
P1230729.jpg
小鳥ちゃんスタンプ&家族3人の名前をそれぞれ入れてみました。自分好みの石鹸がこんな簡単に作れて嬉しいー。
P1230732.jpg
最後にワックスペーパーとシールで包装します。それにしても、このラッピングの下手さといったら・・・。うちのショップでプレゼント包装を扱っていない理由がお分かり頂けると思います。笑

P1230728.jpg
手順を説明するiPadには日本語バージョンもあるので、韓国語が分からなくても全く問題ナシ。それどころか店員さんも普通に日本語で説明してくれるので、チェジュ島まで来て抜かりないというか、韓国のこういうところって本当にすごいなぁと思います。

P1230738.jpg
P1230704.jpg
店内にはオーガニックカフェも併設。

P1230744.jpg
この方は石の穴をほじほじしながら、アリんこに夢中だったそうです。

P1230802.jpg
オスロックティーミュージアムも帰りに寄ってみました。
P1230801.jpg
文房具好きな韓国。シンプルなデザインはお土産にもよさそうですね。

「イニスフリー済州ハウス」公式サイトはこちら。 (※音が鳴ります。)

新羅ホテルなどのリゾートが集まる中文地区からも近い、オススメ観光スポットです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

◆チェジュ島旅行◆「THE SHILLA JEJU」の更なる魅力とは [2013 Jeju]

今回の旅で一番感動したこと。それは「パークビュー」レストランのディナービュッフェの美味しさ!!

普段ホテルのレストランはめったに利用しない我が家ですが、外のお店に移動してると時間がかかるし、Sooは遊び疲れて早めに寝ちゃいそうだし、何よりメニュー豊富なビュッフェは子連れに大助かりなんですよね。税込み8万ウォン越え、という料金には一瞬ひるみましたが、LEEMANの大好きなカニ食べ放題もあるし!思い切って入ってみることにしました。

◆ビュッフェレストラン「パークビュー」
P1230629.jpg
これが大正解。何を食べても本当に美味しくて、全ての料理と食材にこだわり抜いたものを感じます。パスタやデザート類はビュッフェとは思えないほど本格的で、サラダにトッピングするクリスピーブレッドとか、刺身じょうゆ(九州を思い出す甘めのお醤油!)とか、そういうものまでいちいち美味しい。

P1230622.jpg
LEEMANが感動していたのはもちろんカニ。この方、昔から日中韓のホテルビュッフェの蟹を色々食べ歩いてるんですが、ここのは大きくて身がしっかり詰まってて今までで一番かも!と感動しきり。

途中でカラン、カラン、と鐘が鳴り、Chef's Specialが提供されました。
P1230617.jpg
P1230618.jpg
「ハンラ山 不老湯」と名づけられたポットパイスープの中身は、アワビ、松茸、鶏肉などなど。味はちょっとした薬膳スープのようで、健康モノ大好きな韓国らしさを感じます。

P1230836.jpg
朝食は同じくこちらのレストランで。バターたっぷりのクロワッサンが最高!!です。昔、ソウルの新羅ホテルでもビュッフェを食べた記憶があるんですが、正直ここまで感動したかなぁ。。。こちらの記事は後日見つけたものですが、やはりチェジュ新羅は素材にこだわっているから美味しいんでしょうか?・・・それとも旅気分のせいでしょうか。笑

◆韓国料理「天地」

味をしめた私達は、次の日もホテルディナーに行ってしまいました。パークビューと同じフロアにある「天地」という韓国料理店。ここを選んだ理由はまず、お子様用メニューがあったこと。しかもいわゆるお子様ランチ的なものではなく、テンジャンチゲや魚やトッカルビ(韓国のハンバーグ?)など、栄養バランスも良く、同時にSooが好んで食べそうなものばかりなんです。最近、味覚が完全に韓国モードな彼女。トマトソースのスパゲティなんて出そうもんなら「アンデ!(だめ!)」と口に運ぶことすら許してもらえません。。。

お味は果たして予想通り!薄めに味付けされたテンジャンチゲは本当に美味しくて、Sooもすごい食べっぷり。そして大人二人はこのチェジュ黒豚の炭火焼にハマっちゃいました。
P1230835.jpg
柔らかくて臭みがなくて、黒豚の美味しさを十分に堪能できます。ほんとは黒豚のサムギョプサルの有名店に行くことも考えてたんですが、もうこれで十分でした。

ここは店員さんも本当に親切で「うわー、上手によく食べてるねぇ。美味しい?」と何度もSooの様子を見に来てくれては、子供たち一人一人にその場でバルーンアートを作ってくれるんです。そして食事中の写真を撮って、可愛くデコレーションしたものをプレゼントしてくれるサービス付き。こんなに子連れに優しいレストランは初めてで嬉しくなっちゃいました。

◆「ラウンジS」

P1230815.jpg
今回びっくりしたのが「ラウンジS」のサービス。
P1230898.jpg
P1230901.jpg
P1230906.jpg
P1230818.jpg
ここは利用するのに別途料金かかりますが、素敵なラウンジでスナックを頂けるのはもちろん、「Sカー」という新羅ホテルのレンタカーが、無料で利用できます。(※一日6時間限定。)

P1230810.jpg
レンタカーと言えば普通、自分たちが使った分のガソリンを補充して返却するものですよね。でもここはその必要なし。ちょっとクルマ借りますね~、の気軽な感覚で利用できる上に、最新型の綺麗な車に乗れちゃいます。

そしてラウンジSの利用料金は通常12万ウォン、とかなりお高いんですが、旅行代理店を通して申し込むとなんと1万ウォン!!これでラウンジと上記のレンタカーが利用できるので、ほんとに有り得ない安さです。日本の楽天では、ラウンジS利用のプランがあるみたいですね。とにかくレンタカーを考えてる方には本当におすすめのサービスです。



他にも、プールはぬるめの温度設定&小さなジャグジー付きで子供も長く入っていられるし、ジンボリーのキッズラウンジに子供を預けるサービスがあったり、ホテルガーデンのワイナリーツアーがあったり、海辺で映画が観られるナイトシネマがあったり・・・他にはない魅力がぎっしり詰まったTHE SHILLA JEJU。子連れ旅行にとってもオススメのホテルでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)