So-net無料ブログ作成
検索選択

母の休日@ハンガンジン [ソウル:レストラン&ショップ]

最近Sooが「シウォネ~(涼しい~)」を覚えました。いきなり新しい単語が出てくるから、オンマびっくりさせられるわ。

そんな娘に負けないよう、母も韓国語レッスン秋の陣スタート。今学期からいよいよ高級クラスです。私の人生で思いもよらなかった韓国語との戦いもついにここまできたか・・・と一人で感無量。

でもいくら環境問題とか時事経済とかの韓国語をやったところで、一番難しいのはオリニチプの保育日誌だったりするんですけどね。。。先生がいつも丁寧に書き残してくれるメッセージの中に生き生きとした娘の姿があって、これも韓国語を勉強するモチベーションの一つになっています。

というわけでいつも通っているハンガンジン。たまにはここで母の休日をゆっくり過ごしてみよう!と久しぶりにプジャピザへ。・・・ちーーーん。40分待ちました。。。

貴重な母の休日、最初からこんなに待つと分かっていればさっさと他のお店へ行ったのですが、あと2組・・・1組・・・と微妙なところで待ち続けていたらこんな結果に。でもピザはやっぱり美味しかったので結果オーライ。

その足で、すぐ裏手にあるサムソン美術館「Leeum」へ。
P1250082.jpg
ここ、好きだなぁ。美術館の造りそのものがアートで美しい。そして仏教美術コーナーの展示物には思わず足を止めて見入ってしまいました。

今から遡ること千年以上も昔、新羅や高麗時代のアクセサリーの繊細で美しいこと!金銅で作られたものだそうですが、宝石よりも深く惹きつけられる人間の英知。彼らが何を思い、何を願ってこの細工を施したのか。少しだけその背景に触れることができたような・・・。遥かな時を越えてきたものに対峙するとき、いつもそんな感覚を覚えます。

P1250085.jpg
ここの庭、子供を遊ばせるのにちょうど良さそう・・・とママ目線になりつつも。

次に向かったのはカフェ「Takeout Drawing」。
P1250126.jpg
P1250120.jpg
アトリエが一体化した?ギャラリーカフェですが、ハイ、ご存知の方、またか・・・という感じでしょうか。笑 ここも「建築学概論」の撮影地です。
P1250095.jpg
主人公の二人がテラス席で会話するシーン。バックの鮮やかな緑が印象的で、絶対夏のうちに来よう!と決めてたのでした。
P1250090.jpg
実際はテラス席というより、全部の窓を開け放してある状態。韓国はこういうお店多いですね。この季節、本当に気持ちいいです。2階席にはお客さんは誰もいなくて、私一人で貸切り状態でした。

P1250108.jpg
このお店特製のソーダ、炭酸の泡がはじけるたびに赤いクランベリーが一粒、二粒、くるくるっ、と舞い上がってくるんです。その名も「ヘッサルタラムチ(日差しのリス)」。晴れた日にだけ宙を飛び回る幻のリスをイメージして作られたドリンクだそうです。
可愛いぃ。どうしてこんな素敵な例えを思いつくのかしら。やっぱりそれがアーティストたる所以ですね。

一人ソファに沈み込んで、「シウォネ~」なひととき。

今年も一番大好きな、ソウルの秋がやってきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

ベビー連れにオススメ、新沙の「cafe oui」 [ソウル:子連れスポット]

この日会うことになったお友達は、生後5ヶ月のベビーちゃん連れ。どこに行こうかなぁ、と考えた末に思い浮かんだのは新沙のCafe oui

写真 1 (6).jpg
写真 4 (6).jpg
ここ、新沙の数あるカフェの中でも5本の指に入るほどお気に入りなんです。エントランスからして可愛いらしいインテリアでとっても落ち着ける。そして特筆すべきは子連れで行きやすいこと!

ベビー連れママ会をやってるのもよく見かけるし、ゆったりくつろげるソファー席や、靴を脱いでくつろげるスペースも。
写真 3 (6).jpg
なぜか日本の雑誌もたくさん置いてあります。(ちょっと古いものですが・・・)

写真 3 (6).jpg
写真 2 (6).jpg
さらに一階は可愛い子供服ショップになってます!取り扱いブランドはシンプルテイストが人気の「bene bene(ベネベネ)」。このブランド、おしゃれなセレクトショップの子供服コーナーにもよく置いてあります。

って今、公式サイトを見ていたらびっくり。「Cafe oui by bene bene」って書いてある~!?どうやらbene beneがこのカフェを運営してるみたいですね。また新たな発見。

この日、お店に到着したらすごい人だかりで、あれ、前来た時はこんな雰囲気じゃなかったけど・・・と思ってよく見たら・・・なんと店内大セール中!一気にテンション上がって友人と突撃です。笑

ほとんどの服が数千ウォン、コート類が15,000ウォン。
写真 5 (3).jpg
こちらのキャミソールは一枚3,000ウォンでした。嬉しすぎるプチプライス。

ランチでクロックムッシュをオーダーして、一緒にラズベリーティーを頼んだつもりが・・・やってきたのはラズベリースムージー。

店員さんにその旨を伝えると「うちではラズベリーティーはやってなくて、スムージーだけなんです。」と。あれ?私の勘違いだったのかな?まぁ、スムージーも美味しそうだしこっちで大丈夫です、と言ったら「そうですか、申し訳ありません。それではアイスティーをサービスさせて頂きますね。」と、なんと飲み物二つも出てきちゃいました!
写真 2 (6).jpg
イケメン店員さん、ありがとう。

そうそう、ここのカフェは店員さんがかっこいいことでも有名なんです。オーダーのひとときがちょっと楽しみになりますよ。笑

カフェの詳しい情報はこちら(ソウルナビさんより)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

EXOのポップアップストア「BWCW」&大行列のソフトクリーム「SOFTREE」 [ソウル:レストラン&ショップ]

こちらソウルも朝晩だいぶ涼しくなってきました。今のうちに夏を楽しんでおかなきゃ~、と、今日は新沙のカロスギルへ家族でおでかけ。それでも日中はまだまだ焼け付くような暑さです。

まずは新沙駅側からカロスキルへ入り、最初の角を左へ曲がると・・・何やらすごい数の女の子たち。おしゃれなカフェ?の前であちこち写真を撮ったり、遠巻きに眺めていたり・・・

写真 1 (4).jpg
写真 2 (4).jpg
実はこれ、今、韓国で大人気のアイドルグループ「EXO」のポップアップストアなんだそうです。Boy Who Cried Wolf の略で「BWCW」。

先週ぐらいにオープンして2ヶ月限定。しかもここが他のアイドルグッズ販売店と一線を画しているのは、コンセプトストア?っていうのかな?某ストリートブランドとEXOがコラボレーションしたアパレルグッズが主な商品で、カフェとかも一緒に入ってるんです。
写真 3 (4).jpg
写真 5 (1).jpg
店内のあちこちにはポラ写真も貼り付けてあったり、ファンの方にはたまらないかも!

そしてこないだ初めて彼らのMVを見た私。。確かにツブ揃いで一人一人がすごいかっこいい。「WOLF」のMVなんて、まるでミュージカルを観てるような完成度でした。近々、日本デビューの噂もあるEXO、一体どうなるんでしょうかーーー。

次に向かったのは、今、話題のソフトクリームショップ「SOFTREE」。

写真 3 (5).jpg
オーガニックミルクを使ったコクのあるソフトクリーム。そしてトッピングに純度100%のハニーチップ、これがとろけてたまらない美味しさ!!
写真 1 (5).jpg
ソフトクリームとハニーがこんなに合うなんて~。

写真 4 (5).jpg
写真 5 (2).jpg
写真 2 (5).jpg
土曜日の午後という一番混む時間帯だったせいか、店内は大行列。購入できるまでに20分ほどかかりました。。。それでも食べる価値アリの本当に美味しいソフトクリーム。こちらの記事によると、明洞のロッテ百貨店にもオープン予定だそうです。

最後の〆は一風堂のラーメン、、、ではなく、キリン一番絞りフローズンでチメク(チキン+BEER)セット
写真 4 (4).jpg
一時期こちらでも話題になった一番絞りフローズンですが、最近ソウルのあちこちで飲めるようになってます。それどころか、期間限定だったはずのカロスギル一番絞りフローズンカフェは未だに普通のカフェとしてオープンしてました。・・・まあ美味しいから何でもOKです。笑

ほろ酔いで タクシー乗り込む 夏の日かな (字あまり)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

ナツメチップにハマり中。 [ソウル:ちょっとイイモノ]

最近すごい勢いでハマったもの。それは・・・ナツメ!

あるカフェでお茶うけとして出されたナツメチップ(乾燥させたナツメをスライスしたもの)が本当に美味しくて、それ以来あちこちで見つけるたびに購入してしまいます。

一般的に漢方薬として知られているナツメですが、韓国ではサムゲタンに入ってたり、ご飯と一緒に炊き込んだり、そのまま生で食べたり・・・意外と身近な食材かもしれません。そして「一日3個ナツメを食べれば歳を取らない」と言われているほど、実は美容効果にすぐれているんだとか!きゃー、素敵すぎる。

そんなわけで、ハマるきっかけになったカフェがこちら。アックジョンの「Tea Therapy(ティーセラピー)」。お茶を飲みながら足湯ができる!という有名なカフェです。

写真 4 (3).jpg
写真 5.jpg
こちらで頂いたお茶・・・の名前は忘れてしまったのですが、お茶うけにちょこっと付いてきたナツメチップ。これがポリポリ食べ始めたら止まらない美味しさ!さっそく店内で販売していたものを買って帰りました。

写真 3 (3).jpg
一パック15,000ウォン。(これを娘と二人でぽりぽり、4日間ぐらいで全部食べてしまった。。。)

もうひとつ、5,000ウォンのミニボトルがあり、こちらは日本の方がよくお土産で買って帰られますよ~と店員さんが教えてくれました。

その後見つけたSSGフードマーケットのもの。
写真 1 (3).jpg
ナッツ類の量り売りコーナーで購入できます。こちらは9,000ウォン、だったかな。ティーセラピーのものに比べると少し小さめの袋ですが、たっぷり入っていてお得感あり。個人的に一番オススメです。

写真 2 (3).jpg
これはいつも行く近所の「チョロクマウル」(オーガニックスーパー)にて。6,500ウォン。

あと意外なところでは仁川空港、旅客ターミナル内の韓方茶カフェ「オガダ」にも小さな袋のナツメチップが置いてありました。(今、調べてびっくり、日本にもこのお店あるんですね!)ちょうど日本に帰省するときに見つけて、お土産用にまとめて買って帰りました。

実は今もパソコンに向かいながら片手でぽりぽり中。こんな時間に食べても全く罪悪感のない最高のおやつでございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

EDUCARE & KIDSFAIRに行ってきました! [ソウル:子連れスポット]

またまたお楽しみなイベント。前回のMom & baby expoに引き続き、今回はサムソン駅のCOEXで開催されたEDUCARE & KIDSFAIRに行ってきました。

楽しかったぁぁ。ほんと、子供の物を選ぶのってどうしてこんなに楽しいんでしょうか。・・・ただ単に可愛いものが多くて、自分好みで選べるからでしょうね、きっと。笑

めったにお目にかかれない世界中のおもちゃブランドが数多く出展していて、しかも特別価格で安い!在韓のママたち、これを逃すテはありませんよ。こういうの早めにブログで告知できたらいいんですけど。。。私も直前に知ってわたわた行くことが多く、今度からサイトをマメにチェックしておこうと思います。

こちらは可愛いお子様用ピアノ
写真 (5).jpg
Heuserというドイツのブランドだそうです。いつもは38万ウォンの製品が今日だけの直販価格で15万ウォン!で相当迷いましたが・・・家に置く場所もないしいったんパス。でも次回見たら買っちゃいそう~。

写真 1 (2).jpg
おなじみロディ。

アメリカのブランド「crocodile creek」。
写真 3 (1).jpg
ピンクバタフライ柄が大好きで、ちょこちょこ集めてるんです。今回はボトルを購入。

イギリスのブランド「LE TOY VAN」。
写真 1 (1).jpg
ここのおもちゃ、ずっと前にAmazon.ukでチェックしてたんですが実物を初めて見ました!木製の小さなおうちやプリンセスグッズ。もう少しSooが大きくなったら買ってあげたい。

フランスの老舗ブランド「DJECO」。
写真 4.jpg
色んな商品がセールになってたので、紙製パズルやアヒルちゃん釣りセットを購入。

こんなアクセサリーキット?も。
写真 2 (1).jpg
自分で好きなパーツを選んで好きなものを作ってました。小学生ぐらいの女の子は楽しいだろうな~。

写真 2 (2).jpg
他にも子供用の家具に
写真 3 (2).jpg
韓国でも人気のしまじろう!(i-challengeという名前でベネッセが韓国進出してます。)

写真 4 (2).jpg
英語書籍はもう定番ですね。たくさんありすぎて見てる余裕がありませんでした。

そんなわけで、今回も気づけば「コレどーやって持って帰んの?」なたくさんの荷物たち。。。一番の大物は「絵の具遊びセット」でした。いつか家篭りの日に秘密兵器として登場させようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

嬉しいベビーパウダーのプレゼント [ソウル:子育て]

sooと同じクラスにジウちゃんという女の子がいます。月齢もほぼ同じ、クラスで唯一の女の子同士で何かと共通点も多い。

園児のママたちとは送り迎えで顔を合わせるのでだいたい顔見知りなんですが、このジウちゃんのママがすごーーーく優しい「おっとり、ふんわり」な印象の人。韓国語の「상냥하다」ってこういう感じかな。

いつも勢いのある韓国女性に気圧されがちな私もジウちゃんママとはすごく喋りやすくて、しかも同じマンションに住んでいるので(うちのオリニチプはマンション内にあり、ここに居住している家族がほとんど。)近所におでかけするとかなりの確立で遭遇するんです。公園だったり、スーパーだったり、小児科だったり。あちこちで偶然顔を合わせるうち、お互い「あっ」と笑顔で手を振って立ち話をするようになりました。

ある日、Sooの汗疹が最近ひどくて・・・という話をしたら、彼女にとあるベビーパウダーをお薦めされました。ジウも使ってるけど結構いいよ、良かったら探してみて、って。

確かにジウちゃんは汗疹ひとつない綺麗なお肌だし、これはいいかも!と頭の中でブランド名をメモメモ。今度大型スーパー行ったら探してみよう~、と思ってたところ・・・。次の日、またお迎えの時に偶然であったジウちゃんママ。私を見つけるなり、「あっ、これ・・・」と差し出してくれたのはなんとそのベビーパウダー!

「昨日スーパーに行ったらワンプラスワン(・・・韓国でよく見かける一個買ったら一個おまけ!という割引)だったの。ジウは使い切れないし、良かったら使って。」と。

もう大感激。思いもかけないプレゼントにありがとう、嬉しい、ありがとう、と繰り返すばかりでした。韓国女性のこういう面倒見のよさ、ほんとに素敵で見習いたいことの一つです。

写真 1 (1).jpg
そのパウダーは「궁중비책(クンチュンビチェッ)」というベビーブランドで、とうもろこしが主成分の肌に優しい処方&韓方成分なども配合されているようです。

写真 2 (1).jpg
赤ちゃんパウダーと言えばパフパフ!粉をはたくようなイメージですが、これは固形のコンパクトパウダーで、うっすらお化粧するような付け心地。これを使いだしてから顔のあせもが治まってきました!

風呂上りのSooに「お化粧ぱふぱふするよ~」とやってあげたら、嬉しそうにおとなしく座ってます。女の子だなぁ。笑

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

◆チェジュ島旅行◆映画「建築学概論」がそのままカフェに! [2013 Jeju]

そういえば、チェジュ旅行で行ったこちらのカフェ。紹介するのをすっかり忘れておりました。

映画「建築学概論」を観たのは、ちょうどチェジュ旅行が決まった頃。主人公ソヨンの家と、そこから望むチェジュの海がそれはそれは素敵で。島のどのあたりにあるんだろう?と何気なくネットでロケ地を調べてみたら・・・すごい情報を発見!なんとあの家が撮影後もそのまま残されていて、カフェ「ソヨンの家」としてオープンしてるらしいのです。

さっそくLEEパパとsooを付きあわせて行って来ました。(今回の旅、こんなんばっかり。笑)

P1230655.jpg
P1230652.jpg
P1230690.jpg
この日はお天気最高!

P1230673.jpg
そうそう、このリビング~、そしてこの眺め!映画そのままの景色です。私もここに座ってぼーっと海を眺めたかったなぁ。でも満席だったし子連れだしで泣く泣く諦め。涙

カフェ自体はかなり辺鄙な場所にあるんですが、お客さんが後を絶たず映画人気の凄さをうかがわせます。
P1230660.jpg
P1230657.jpg

P1230658.jpg
主人公の二人が寝そべっていた屋上の芝生。ドキドキのシーンが甦る。

P1230664.jpg
P1230666.jpg

そして映画を観た人なら、思わずきゃーっとなってしまう小道具の数々。実際に撮影で使われたものがあちこちに展示されていました。
P1230677.jpg
P1230678.jpg


今までロケ地めぐりとかってあんまり興味なかったのですが(そもそもドラマを観てない・・・)感情移入した架空の世界に実際に足を踏み入れることができるって、なんて嬉しすぎる体験なんでしょうか。

住所 : 제주도 서귀포시 남원읍 위미리 2937
営業時間 : 10:30~22:00 年中無休
tel : 064-764-7894
https://twitter.com/cafedeseoyeun

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

プレミアムなおしりふき!「MON DOU DOU」 [ソウル:子育て]

店頭で見つけて「可愛い!」と即バスケットインしてしまったこちらのおしりふき、「MON DOU DOU(モンドゥドゥ)」。てっきり輸入品だと思い製造国をチェックすると、なんとmade in Koreaでした。最近こういうの多いです。

写真 (4).jpg
Noodle & Booにも似た雰囲気の、一見おしりふきとは思えない洗練されたデザイン

使い心地もかなり優秀!しっとり厚手でデコボコのエンボス加工が施されているので、一枚だけでも綺麗に拭き取れる。

公式サイトを見ると、PLAINやEMBOSSING、PREMIUMと色々なタイプが販売されているようです。

私が購入したのはPREMIUMタイプ。しかもSparkling PREMIUMって書いてあるので、「スパークリングってどういう意味だろ?」と公式サイトで調べてみたら、こちらのタイプはスパークリングミネラルウォーターが含まれていて、炭酸は抜けているけれども肌にいいミネラル成分はそのまま!・・・なんだそうです。他にも有害物質無添加、アロエベラ含有、6段階の精製水使用、とか結構すごい触れ込み。

チョンダムドンのSSGフードマーケットでひとつ3,500ウォンでした。ちょっと割高かな?でも本当に使い心地が良くてオススメです。たまに쿠팡(クーパン)などで安くなったりしてるようなので、次回からチェックしてみよっと。

願わくば早くおしりふきを卒業したいところですが・・・まだまだお付き合いは長そうです。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

真夏の夜のプールサイドバーベキュー [ソウル:レストラン&ショップ]

今年もまたひとつ歳をとりました。

36歳。いよいよ人生にアブラが乗ってきて、どんなふうに美味しく食べようか、と頭を悩ませる今日この頃。まずは妻として母として、日々を大切に丁寧に過ごしていきたいと思います。

ちょっと早めのバースデーディナーにやってきたのはグランドハイアットソウル。夏の夜のテラスディナーが大好きな私は、ここのプールサイドバーベキューが素敵らしいと聞いて、真っ先にLEEMANにリクエスト。

んが、おチビを連れていける雰囲気じゃなさそうだし、連れてったとしても走り回ってプールにドボン!が関の山よね・・・と迷った挙句、久しぶりにシッターさんをお願いすることにしました。よくよく考えたらSooが産まれて以来、初めてのディナーデート!一年に一回のことだし、たまにはこういうのも大事ですね。

南山の緑に囲まれた閑静な佇まいのグランドハイアットソウル。ここは家からも近いし、以前LEEMANの友達の結婚式や、自分たちの結婚パーティー2次会)でも来たはずなんですが・・・どちらもバタバタしててホテルの印象ってあんまり記憶にないんです。

今回改めて足を踏み入れると、その素敵さにうっとりしてしまいました。間接照明でまとめられたシックなロビーに、ソウルを一望できる素晴らしい眺め。最近だと、あのイ・ビョンホン夫妻もここで式を挙げたそうです。LEEMANと「機会があれば泊まってみたいね~」とうきうき話しながら、いざ地下階のプールサイドへ。
P1240526.jpg
メニューはビュッフェ形式で、グリルに立つシェフがお肉や海鮮類をどんどん焼いてくれます。何を食べても美味しくて大満足!
P1240527.jpg
少しずつ日が落ちて、漆黒の緑に水面のブルーが美しく映えます。
P1240570.jpg
これ以上ないほど夏の夜を堪能できるシチュエーション。湿気を含んだ風と、人々の喧騒と、虫たちの鳴き声。

この季節に産んでくれた母に感謝しつつ、今頃sooがシッターさんをてこずらせてないか心配になったり、ちょっと恋しくなったり。。。
P1240620.jpg
事前に確認したのですが、ここはバースデーケーキの持込みもOKとのこと!(韓国は一般的に持ち込みOKなお店が多いです。)あんまり大仰なケーキは食べきれないので、ここに来る前にハンガンジンのPassion5に寄って小さなケーキを購入しました。

P1240598.jpg
いつもショーケースで見ていて可愛いなぁ、と思っていた2段重ねの苺ショート。その名も「두 가지 매력을 가진 그녀(二つの魅力を持った彼女)」。なんて可愛らしいネーミングでしょうか。暑さでちょっと溶けかかってますが。笑

これに細いキャンドルを2本たてて、ふーっ、とお祝いしました。何歳になっても嬉しい瞬間ですね。



・・・家に帰ると、Sooがすごいテンションで家を走り回っていました。心配は完全に杞憂に終わり、シッターさんも呆れるほど元気だったそうです。。。笑 

来年ぐらいには「オンマ、お誕生日おめでとう。」って言ってくれるかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

田舎の夏休み [日本にて]

実家の庭でプール遊び中。
写真 1.jpg
はい、日本に一時帰国しておりました。それはもう恐ろしい暑さで、ただでさえ古くて湿気が篭りがちな家なのに、畳の部屋の蒸し暑さときたら・・・。それでも外に出たくてたまらないらしいSooさん。私やおばあちゃんの手をひっぱりながら「いこ!いこ!」とお散歩へ連れ出そうとします。

うちの実家は周りに小さな川や草むらが広がっていて、蝶々や虫や、草木や小石・・・子供の興味を引いて止まないものがいっぱい。ふと、お散歩の道すがら「これは何だろうねぇ?」としゃがみこんだ瞬間、襲ってくるデジャヴのような感覚。

そうだ、私、この草の匂いや感触をよく知ってる。道端の小石のざらざらした手触りや、川藻に手を浸す気持ちよさも。どこで何をしたか、という記憶ではなく、ただ感覚として鮮やかに甦ってくる記憶。そしてそれらがとても幸せなものであるということ。

大人になった今となっては、子供が泥水に手を伸ばそうものなら「ダメ!」と制止してしまいそうになるけど、それはこの子の感覚の記憶を一つ奪うことになるのかもしれません。小さな手をとって歩きながら、そんなことを考えた散歩道でした。

ちょうどお腹もすいてきたし、久しぶりに暖簾をくぐった近所のおそばやさん。
写真 2.jpg
昔、家族で外食と言えばここでした。メニューは天ぷらそば、天ぷらうどん、めし、のみ。子供の頃は当たり前のように通ってたけど、実はこだわりの老舗店なんだと気づいたのは大人になってから。本当に小さなお店ですが、今では地方の名店としてちょっと有名になっているようです。
写真 3.jpg
30年以上たっても変わらない佇まいが本当に懐かしくて、まさかここに子連れで来るとはなぁ、としみじみ。二人で一杯の天ぷらうどんを美味しく頂きました。

大黒屋さん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。