So-net無料ブログ作成
検索選択

家族出張行ってきました! [日本にて]

ちょうど2年ぶりの東京。住みなれた場所は懐かしく、おかえり~!と迎えてくれる友人たちは温かく。

今回はスケジュールのみっちり詰まった旅、というよりはビジネスのための家族出張だったので、ほんとはもっと会いたい人、行きたい場所いっぱいあったんですが・・・そのへんは涙を呑んで断念となりました。

そう、本当に家族出張。これから展開しようとしているビジネスは家族という単位がとても大切になるので、今回も夫婦のみならずSooも大事な要員の一人。お疲れさま手当てとして日本の美味しいお菓子、いっぱい買ってあげました。笑

最近なぜかチョコエッグにはまっている彼女。youtubeでチョコエッグをひたすら割り続けて中のおもちゃを取り出すだけ、というシュールな動画があるんですが、それを見せて!と毎回リクエストされます。

でもチョコエッグって普段あんまり見かけないしどこで売ってるのかなぁ・・・と思ってたら・・・ありました!!仁川空港の免税店に!
P1020301.jpg
初めてご対面するチョコエッグに小躍りするSooさん。
P1020307.jpg
お目当ては中のおもちゃだったらしく、母は機内でチョコレートを嫌と言うほど食べさせられました。。。

そして東京滞在中、少ない自由時間の合間合間で楽しんだものたち。

夫婦で愛してやまないインド料理店「Priya」。広尾商店街のちょっと目立たないところにありますが、ここのカレーとナンは世界最高峰です!(インドに行ったことのないLEE&Miho調べ)。
P1020387.jpg
我が家の定番はシュリンプカレー。そういえば東京を離れる直前に、まだ赤ちゃんだったSooを抱っこ紐に入れて食べに来たことを思い出しました。相変わらず美味しい、美味しすぎる。

友人行きつけの恵比寿アポンテ。子供たちをパパに預けてママ3人でディナーしました。久しぶりにしこたまワイン飲んで語り明かす楽しさと言ったら~。中でもウニの茶碗蒸しと生シラスのカッペリーニが絶品!!
P1020413.jpg
こんな美味しいものが気楽にいただけちゃうのはやっぱりトーキョーですね。途中でパパたちから写真が送られてきて、子供たちは皆で仲良くおふろタイムだったそうです。こんな仲間がいてくれるのもやっぱりトーキョー。

今回、麻布十番に住んでいる友人が自分のマンションのゲストルームを予約してくれました。この立地で、ホテルよりも圧倒的に居心地のいいお部屋で、しかも一泊6,000円というリーズナブルさ!
P1020351.jpg
P1020352.jpg
ツインベッドをくっつけて家族3人で広々寝られるのも良かったですが、お風呂が素晴らしすぎて毎日本当に癒されました。日本のお風呂ってなんて快適なんだろう。海外で暮らしてるとつくづくそう思います。

他にもマタニティスイミング時代の仲間がたくさん集まってくれたり、OL時代の友人たちと火鍋ディナーしたり、昔住んでたエリアをゆっくり散歩したり。駆け足で自分の歴史をなぞるような東京滞在でした。

時間を作ってくれた皆さん、本当にありがとう。

ビジネスの方でも本当に良い出逢いがあったので、そろそろ本腰入れて準備していきたいと思います。東京に住むことは今後ないかもしれないけど、こうやってちょくちょく訪れることができたら一番理想。その状況を自分たちで作っていくことが今後の目標です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

ANOOK from seoul とりあえず閉店のお知らせ [ANOOK Diary]

中途半端なタイトルですみません・・・笑

そんなわけでオーナーの帰国に伴い、ANOOK from seoulはいったんお店をクローズすることにいたしました。

とりあえず、とか、いったん、とか中途半端な表現を使ってるのは、今後日本でまたお店を再開する可能性もあり、もしかしたら夢だった実店舗!がちょっとだけ実現するかもしれない、からです。

でもその時はANOOKの名前を使うかどうかは分からないし、何よりオーダーショッピングは韓国現地にいるからこそできた形態だったので、やはり完全クローズになるんでしょうか。

今のところオーダーは5月いっぱいまでお受けして、6月以降は発送や返金業務のみとさせて頂く予定です。ちょうど夏物が一段落して落ち着く頃なので、時期的にはちょうどよかったかな、と思います。

思えば1年半前、こちらに来て初めて知った韓国子供服の可愛さ、リーズナブルさを私と同じように愛する人たちと共有できたら、と思ってこぢんまりと始めたショップでしたが、多くのお客様にご利用いただいて本当にありがたく思っております。至らない点、多々多々ありすぎでしたが、お客様から「大丈夫ですよ」と励ましの声をかけて頂くこともあり、大変ながらも幸せな、また人間として成長させてもらった貴重な経験でした。

今後も韓国子供服とは色んな形で繋がっていく予定ですので、またどこかでお会いできたら・・・と願って止みません。本当にありがとうございました。 

ただブログはこのまま続けますよ~。

韓国を去るまでにアップしておきたい情報が溜まりまくってるので、合間を縫ってちょこちょこ書いていきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

日本移住までのカウントダウン [ソウル生活]

私にとって2度目の韓国生活ももうすぐ丸2年・・・ですが、実はそれを待たずに日本へ戻ることが決定しました。決定しました、というよりも、決めました、という方が正しい。私たち家族の新しい決断です。

きっかけはやはりSooの保育園でしょうか。年始めに新しいオリニチプを探すべく、あちこち見学行ったり話を聞いたりした中で見えてきたのは、韓国では私の望む子育て環境を手に入れるのが難しいのだなぁということ。

今、Sooが通っているオリニチプを初めて見学に行った時のことです。「Sooちゃんの年齢はこのクラスになります」と案内された先で目に入ったのは、自分の名前をハングルで書いている子供たち。

おそらくこれが我が子を通わせようとする保育園でなければ、あるいはテレビの中の風景であれば「こんな小さい子が自分の名前を書けるなんてすごい!」と純粋に驚いただけだと思います。でもそれを自分の子がやらされるのだと思うとどうしても、やっぱりどう考えても受け入れ難い違和感。

あと数年もすれば文字を書く練習なんて嫌でもやらされるのに、何故わざわざ時間をかけて小さいうちに文字を教える必要があるんだろう?それが早くできるようになることに一体何の意味が?

水が跳ねただけでキャッキャと喜び、道端のアリさんをじーっと観察するようなお年頃です。伸ばしたいのは文字を読んだり書いたりする能力ではありません。

さらにびっくりしたのは「品格教育」の時間が週に数回あって、「相手の話をよく聞き、相手がどれだけ大切な存在なのか認めてあげること」という경청(敬聴)をテーマに授業が行われていること。

敬聴・・・その意味がしっかり理解できるようになるのは10年後ぐらいでしょうか。。。確かに教育内容自体は素晴らしいと思いますが「世界はアタシを中心に回ってるの!」な2歳児に相手を尊重って・・・ちょっとピントがずれすぎです。

そして曜日ごとに美術の時間、体育の時間、英語の時間、と時間割が決められていて、お外遊びの時間はほとんどなし。何もうちの園が特別なわけではなく、国から認可されている園はほぼ似たような感じです。

恐らく韓国にはこういう早期教育を望む親が多く、カリキュラムにもその声を反映してるんだと思いますが、私個人の教育方針とは全く正反対。そして年齢が上がるにつれてさらに過熱するであろう教育環境・・・このままSooをここで育てていけるんだろうか?

しばらく悩んだ末、夫婦で出した結論は「NO」。それなら前から考えていた日本移住を早めに決行しちゃおう!とポジティブに捉えることにしました。上海、東京、ソウルと数年の都会暮らしにもちょっと疲れてきたので、しばらくは子育て環境の整った田舎暮らしにシフトしようかな、と。

同時に日本で新しい事業を始めることも計画しています。

そのためにここ数ヶ月は毎晩遅くまで夫婦ミーティングを重ねて、日中は色んな経営者の方にお会いしたり展示会へ行ったり。これに加えて退居日のメドもついたので引越し準備も始めなければなりません。

私たち家族にとって5回目となる海外引越し。何度経験しても忙しすぎるし骨が折れるし、特に今回は先が見えないというTriple Suffering。それでも不安よりもワクワクが大きいのは、このノーテンキな性格に感謝すべきところですね。

週末、私が夕飯を作っている間に登山に出かけた父娘ふたりからメールが届きました。
写真 (1).jpg
一輪の花の写真とSooからのボイスメッセージ。たどたどしい韓国で「엄마 보고싶어요 사랑해요(ママ会いたいよ、愛してるよ)」←確実に言わされてる。

何があっても家族で生きていく幸せって、こういう事なんだなぁと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2) 

三清洞からプチ登山 [ソウル:子連れスポット]

このGWは最高にいいお天気で、しかもちょっと肌寒い・・・とくれば登山でしょう!!と思い立ったが吉日の我が家。

さっそくタクシー飛ばして賑やかな観光地の三清洞を抜け、その突き当たりにある三清公園にやってきました。
1I1A4883.jpg
ここから北岳山?へ色んな登山道があるみたいですが我が家は子連れなので一番短いコースを選択。

ソウルはこんな風に軽く山に登れちゃうのが魅力の一つでもあります。ほとんどは頂上まで数百メートル、しかも綺麗に整備された山道ばかりなので子連れでも全然へっちゃら。

日本で買って以来、愛用しているモンベルのベビーキャリア。
1I1A4880.jpg
Sooは制限体重ギリギリなところまで来てるので今年がもう限界かな。というか担ぐパパの方が限界に近い。。笑

でも本日これを使ったのは急な坂道をぱぱっと登りたい時とグズりが始まった時ぐらいで、後はほとんど自分の足で登れました。えらいえらい、成長したなぁ。

1I1A4869.jpg
1I1A4875.jpg
まずは公園近くのお店で美味しいコムタンを食べて。

1I1A4888.jpg
しゅっぱーつ。
1I1A4919.jpg

1I1A4973.jpg

1I1A4944.jpg
途中ですれ違ったおばちゃんから大好物のヌルンジ(おこげのお菓子)ゲット。

1I1A4985.jpg
城郭(ソンガク)ギルに辿り着き、最後の難関を抜けると・・・
1I1A4994.jpg
ソウル市内を一望!

1I1A5000.jpg
たったこれだけでも小さな達成感と緑いっぱいの空気で最高にリフレッシュできます。

帰りのタクシーでは家族3人バクスイでしたとさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

現代百貨店のSky Garden [ソウル:子連れスポット]

1I1A4579.jpg
新緑のまぶしい季節。こちらソウルもおでかけ日和が続いていて、休日に家に居る事はほとんどナシ!2歳児の有り余る体力を消費させるべくあっちこっち出かけまくっています。

おすすめスポットはブログで紹介していこうと思ってますが、まずは意外と穴場?なこちら。

アックジョンの現代百貨店の屋上にある「ハヌルジョンウォン(Sky garden)」です。
1I1A3058.jpg
小さい子供が走り回ったりボール遊びするには十分な広さで、子連れショッピングやおでかけ帰りに一息つくのにぴったり。
P1010475.jpg
冬場はちょっと厳しいですが、これからの季節、デパ地下で美味しいものを買って来てランチするのもいいですね。

P1010488.jpg
エレベーターホール前はこんなスペースもあり、反対側にはコーヒーなどをテイクアウトできる小さなカフェも。

そういえばこのすぐ下の階のレストランフロアには、パッピンスの有名店「ミルタプ(Meal Top)」が入ってます。いつも大混雑なので、テイクアウトして屋上で食べるのもいいかも?

そして我が家はこんな写真を撮るのにはまっています。。。
1I1A3195.jpg
Sooさん、放り投げられまくり。・・・何気にペアルックな父と娘でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)