So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめてのようちえんせいかつ

こないだ生まれたばっかり、と思ってたら、あっという間に幼稚園の入園式。

今まで日韓カナダと3カ国の保育園を渡り歩いてきたけれど、幼稚園ってそもそもが全くの別世界。親に求められる役割は非常に大きく、まるで子供と一緒に入園するようなものです。

数ある行事への参加は必須だし、親同士のお付き合いもしっかりこなしていかなきゃいけない。入園準備グッズはほとんど手作り、、、って私、自慢じゃないけど家庭科の成績「2」でしたからーーーー。特にお裁縫は鬼門。ミシンはあっても雑巾縫うのがせいぜいな私に通園バッグとか作れるわけない。

どうしよう・・・と半泣きになってたら、なんと友人が知り合いの小物作家さんを紹介してくれてバッグ作りをお願いできることに!!持つべきものは本当に友、友。そしてその作家さんとは今後のビジネスにも繋がりそうなご縁となり、何が福と転じるか本当に分からないものだなぁと思った出来事でした。

そんなすったもんだでどうにか迎えた入園式当日。まるで初めての社会人生活にどきどきする新入社員のような気持ちで幼稚園の門をくぐった母ですが、式典の最中に「もーーーかえるーーー!!」と前の椅子に足をかけ反り返りブリッジするジャジャ馬を押さえるのに必死で、感慨に浸る間もなく終了。はぁ。。。

今は午前保育がスタートし、来週からの本格的な園生活に備えて徐々にアクセルを踏み始めているところ。慣れないことが多くて色々疲弊しつつも、その実、幼稚園そのものにはとっても満足しています。

何といってもソウルから福岡へ移住した理由のひとつがsooの教育環境だったので、その第一歩となる幼稚園選びは絶対妥協したくなかったのです。

教育環境というとお受験系を想像されてしまいそうですが、私の場合は全く逆で、韓国の早期教育にどうしても抵抗感があったが故の日本行き。だからこちらで幼稚園を選ぶ時はなるべくお勉強はさせない、自然の中でのびのびと、をモットーにしている園に照準をあて、更に他の条件も併せて絞り込んでいきました。

その条件というのは、時間外預かり保育があること、午前保育の日がないこと、お弁当ではなく給食メインであること、給食は素材やメニューに気を使ったものであること、送迎バスがあること、制服がないこと、、、探し続けていく中で自分の求めるものがはっきりしてきた頃、まさに全ての条件を満たす今の幼稚園を見つけました。

さっそく見学に行ってみたら、まるでおとぎ話に出てくるような素敵な園舎を自由に走り回る子供たち。それを見た瞬間、sooがここで走り回っている姿がありありと想像できてしまったのです。

そして四季折々の素敵な行事に、日々自然と触れ合える豊かな生活。先生方が写真と一緒に書き留めておられる園ブログを遡って読みながら、sooもこれからこんな経験ができるんだ、と一人心を躍らせてしまいました。願わくば私もこんな幼稚園に行ってみたかったな~。

更に送迎バスの時間を調整すればお預かりを利用せずとも一日8時間近くの保育になるので、これから仕事をする身にはとってもありがたいし、入園してみればなんと最近仲良くなった韓国人ママと偶然同じクラス!そしてソウルにいた頃の語学教室で一緒だった駐在ママ(当時)もなんと同じ幼稚園にいることが判明!もう私にとっては何というか運命の幼稚園だったのでした。

先日はクラス懇親会にて園の年間行事表が配られました。覚悟はしていたけど親の登場回数の多さにひゃーーーと驚かされる。もうこうなったら振り切るしかない!と更にふたつの係に自ら立候補。

どうか楽しい幼稚園生活になりますように。バッグ手作りしてあげられなかった分、母も自分のできる事めいっぱい頑張るよ。
001I1A0954.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

春、満喫中。

1I1A0398.jpg
忙しいのか、忙しくないのか、焦ってるのか、全く焦ってないのか。自分でもよく分からないまま闇雲に走り続けてる日々ですが、ひとつだけ確かに言えるのは春をめいっぱい楽しんでいるということ。

1I1A0127.jpg
お花が大好きで道端に咲く花ひとつひとつにチュッとキスして歩くムスメ。3歳になってますます可愛いさに磨きがかかり(もちろん親目線)、この子と過ごす3歳の春は今しかないんだなぁと小さい手の温もりを確かめるように握り締めながら歩いています。

1I1A0530.jpg
1I1A0568.jpg
1I1A9954.JPG
桜が咲いてから、お花見何回行ったかなぁ。

1I1A0607.jpg
桜のごはん、できました。




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。