So-net無料ブログ作成
検索選択
トロント:週末Trip ブログトップ

St.Jacobs & Tobermory の旅 ~フラワーポット・アイランドへ [トロント:週末Trip]

朝食後にB&Bを出発。夏旅の締めくくりにこれ以上ない最高のお天気です。

今日のメインイベントは、Flowerpot Islandへのボートクルーズ!
P1160630.jpg
TobermoryのLittle tub harbourから数十分間隔で出航していて、こちらのサイトであらかじめ予約して行きました。http://www.blueheronco.com/

このボートクルーズ、途中で沈没船が見られるというのがひとつのウリになっているようで(時間帯によっては立ち寄らない便もあり。)私たちもデッキから身を乗り出して観察。
P1160661.jpg
ほほー。青い湖の底で朽ちゆく沈没船・・・ってなぜこれが観光資源になっているのか?そもそもどうして引き上げようとしなかったのか??そんなに大きな船じゃないのに??・・見れば見るほど色々疑問が残ります。笑
まあ英語のアナウンス聞き取れなかったってだけの話ですが、、、細かいことは気にせずに。ここからボートは一気にスピードを上げてフラワーポットアイランドへ向かいます。

日差しは強いけど、すでに湖上の風はひんやり冷たい。Sooも抱っこ紐の中で寝てしまったので、風の当たらない場所でゆっくりクルーズを堪能。
P1160710.jpg
見えてきました!この岩がフラワーポットアイランドと言われる所以です。そしてエメラルド色に透き通る美しい湖岸。
P1160705.jpg
いいなー、みんなピクニックとかしてる。ここで泳げたら気持ちいいだろうなー。

本当はここで降りて島に上陸することができるのですが、歩けない乳児連れでは何もできないだろう、ということで。あまり時間もなかったし我が家はこのまま同じ船でトンボ帰りです。(降りた人たちは次回の連絡船でトバモリーに戻れます。)
島内にはトレイルコースがあったり手軽に大自然を堪能できるようなので、夏のお気軽アウトドアに最適だと思います。

参考にしたのはこちらのサイト。
http://www.bitslounge.com/travel/flowerpot_island


・・・そしてトロント近郊の旅をするにあたって、このオンタリオ・スタイルさんのサイトは非常に参考になりました!
ふらっとおでかけするのにちょうどいいスポットが分かりやすく網羅されています。

http://www.ontariostyle.com/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

St.Jacobs & Tobermory の旅 ~素敵なお宿 [トロント:週末Trip]

drive.jpg
カナダの夏のドライブは最高です。どこまでも続くいっぽん道。視界に入ってくるのは包み込まれるほどの大きな空。地平線のその先を目指してひた走り、ゆっくりとアクセルを踏み込む。・・・わお、120キロ
制限速度は一応90キロぐらいですが(一般道で!)、周りの車がびゅんびゅんスピードを出してるので毎回遅れをとらないように必死です。

この旅の時点ですでに帰国が決まってたので、LEEMANと交代でハンドルを握りながら「もう最後のドライブ旅行だね~、こんな気持ちいい運転は当分できないかもね~。」と名残惜しさを感じつつ。夕方には宿泊予定のB&Bに到着しました。B&B=Bed and Breakfast の略で、日本で言えば個人経営の民宿みたいなところです。

ブルース半島のRed Bay近くに位置する「Haven on the Bay」。
P1160467.jpg
この周辺はホテルなどの大型施設より、こういうB&Bやモーテルが多いです。

実はB&Bに宿泊するのは初めてだったので、正直あんまり期待してなかったのです。お風呂やトイレは共同だし、ご飯も食べられればいいレベルだろう、と。・・・んが。が!が!が!!それは見事に嬉しい方へ裏切られました。

玄関でお出迎えしてくれたのは優しい面持ちのご主人。あちこち案内しながらHow to useを教えてくれるのですが、まずはお部屋の綺麗さにびっくり。開業してもう数年は経っているだろうに、まるで「昨日、新築に入居しました!」と言わんばかりの綺麗さ。お掃除がどこまでも行き届いています。トイレなんて壁のシェル細工が光り輝くほどに超ぴっかぴか。
P1160490.jpg

P1160470_copy.jpg
予約したお部屋はブルーを基調にまとめられていて、これまた素敵です。(写真はちょっと暗いですが、実際はかなり日当たりGood。)天井でゆっくりと旋回するファンをSooが不思議そうに眺めていました。

ここからRed bayへは歩いて3分の距離。
P1160576.jpg
ダウンタウンで夕食を済ませたあと、20時頃にBayまで出てみました。夕食の後にゆっくり夕日が見られるってすごくいいです。
P1160517.jpg
少し雲がかかっていたけれど、Red bayの真正面に沈む夕日は本当に美しくて、肌寒さも忘れて家族3人佇む私たち。St.Jacobsの機関車もそうだったけど、珍しいものや美しいものを見るたびに、Sooがこれを分かるようになって早く共感できる日がくればいいなぁと、ちょっとだけ待ち遠しくなります。
P1160564.jpg
次の日の朝。また朝イチでお散歩に来て、
P1160589_copy.jpg
お待ち兼ねの朝食。このテーブルセッティングだけで私、目がハートになってしまったんですが、、、続いてサーブされるマフィンの美味しかったこと。
P1160592_copy.jpg
P1160599_copy.jpg

そしてハムとオムレツと・・・シンプルなのに一つ一つが丁寧に作られていて、ゆっくりじっくり味わいたくなる美味しさです。聞けば全て奥様の手作りなんだとか。量は少ないのでお腹いっぱい、とは言い難かったんですが(笑)量より質とはまさにこのこと。大満足の朝食でした。

チェックアウトの時、本当に素敵な滞在でした、とご主人にお礼を言うと「ありがとう。お友達にもいっぱい宣伝しててね!」って言われました。ええ、しちゃいますよ~。英語じゃムリなので日本語で思いっきり。

Tobermory方面の宿を探されてる方。ここは本当にオススメです!!サイトはこちら。

http://www.havenonthebay.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

St.Jacobs & Tobermory の旅 ~ファーマーズ・マーケット [トロント:週末Trip]

トロント在住の人にオススメの観光地を聞くと、必ずといっていいほど名前が挙がる場所のひとつ、Tobermory。
ジョージアン・ベイとヒューロン湖を分かつように突き出すブルース半島。その先端に位置する街です。


View Larger Map

トロントからは車で3~4時間ほど。毎度グーグルマップで行き方をチェックしていると、おっ、前から行きたかったSt.Jacobsが近くにある。それならちょっとだけ遠回りしてSt.Jacobs経由でいっちゃおう、と週末のドライブ旅行が決定しました。

P1160347.jpg
P1160340.jpg

可愛らしいSt.Jacobsの街並み。小さなレストランや雑貨屋さんが立ち並び、女子的には否応なしにテンションあがってしまうのであります。
P1160333.jpg
P1160372.jpg

そして向かったのは有名なファーマーズ・マーケット。週末は人、人、人、でものすごい賑わいです。
P1160381.jpg
P1160409.jpg

広い敷地内に数え切れないほどの屋台が出ていて、それらをひやかして歩くだけでも楽しい。
P1160390.jpg

また、この周辺はメノナイトというキリスト教の一派が現代社会においてもその戒律を守り、電気や自動車を使わずに生活していることでも有名です。人それぞれ程度の差はあれ、彼らはまるで時代をタイムスリップしてきたような独特の格好をしています。
P1160401.jpg
写真を撮るのは憚られたのですが、とっても可愛い女の子がいたので一枚だけこっそりパチリ。(これはお店のユニフォームじゃありませんよ。)以前テレビのドキュメンタリーでメノナイトの生活を特集していたことがあって、電気も使わず食料は自給自足、車道を馬車で走る模様はとても興味深いものでした。

こちらは夏季限定。本物の蒸気機関車が走っています。
_1160439.jpg
駐車場にいた時、タイミングよく遭遇!Soo、汽車ぽっぽだよ!とはしゃぐパパママを横目に、彼女は訳も分からずぽかーん。そうしてるうちに汽車は汽笛を鳴らしながらシュッシュッシュッ、と目の前を走り抜けていきます。きかんしゃトーマスが分かる年頃だったら嬉しかっただろうなぁ。

P1160426.jpg
ファーマーズマーケットの隅っこで。ちょっと切ない、リアル・メリーゴーランド。

ここからTobermoryへ向かいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

Toronto ZOO [トロント:週末Trip]

Sooさん初めての動物園。Toronto ZOOです。
P1140909.jpg
こちらは世界最大級の動物園!と聞いてワクワクしながら向かったのですが・・・うん、広い。確かに広い。
ただ広すぎて・・・動物がいない。

一見何もない空地でぐるっと辺りを見回し、あっ!あそこにいた!とやっと一匹見つけられるレベル。檻の中、というよりはほとんど放し飼いされてるので、動物にとっては心地良さそうな環境です。
P1140821.jpg

P1140898.jpg
全てを徒歩で周るのは大変なので、この ZOOMOBILEに乗車(※別途7ドル)。
P1140904.jpg
肉食女子Soo、青い目の男の子をナンパ中。
P1140847.jpg
P1140839.jpg

なんだかんだ言いつつ色々見てまわりました。
P1140857.jpg
P1140805.jpg

2013年の春にはジャイアントパンダがやってくるそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0) 

夏といえば「The beach」 [トロント:週末Trip]

夏と言えばビーチ!でもトロントには海がないし・・・。そう思っていたら、見つけちゃいました。
ハーバーフロントから東へ車で10分ほどのエリア、その名も「The beach」。


View Larger Map

Queen St.沿いに立ち並ぶたくさんのレストラン。その下町風情ただよう街並みは、昔からカナディアンに愛されてきたエリアなんだろうな~という印象を受けます。

P1150058.jpg

老舗レストラン?のSunset Grillにて。ここは一日中ブレックファストメニューが食べられるお店です。
テイクアウトもできるようなので、ここでランチを買ってビーチへGo!もよいかもしれません。

P1150063_copy.jpg

Queen St.を挟んで向かい側が大きな公園になっていて、そこを南へずんずん進むと・・・

P1150072_copy.jpg
P1150077_copy.jpg
P1150078_copy.jpg

見えてきました!ほんとにビーチ。

P1150083_copy.jpg
P1150085_copy.jpg
P1150086_copy.jpg

・・・だけど実は湖。
世界五大湖のひとつ、Lake Ontarioの大きさを実感します。

この辺りは並木道と大きな公園がずーっと続いていて、木陰でのんびりするのに最高。
皆、自転車に乗ったり、ローラーブレードで走ったり、ごろんと芝生に寝転んだり。
思い思いの過ごし方でThe beachを楽しんでいるようでした。

P1150135.jpg
最近のSoo。「どうして立つの?」「そこにつかまるものがあるから。」・・・こんな感じ。
P1150217.jpg
ミルクだって立ち飲みよ。

帰り道の素敵な光景。
P1150222.jpg
こちらではオープンカーに乗ってグレイヘアーをなびかせているご高齢の夫婦をよく見かけます。我が家もマネしてみたい。30年後ぐらいに。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0) 

Niagara Falls !! [トロント:週末Trip]

ナイアガラ。古くは原住民の「ニアガル=雷鳴のとどろく水」という言葉に由来する。
P1140_copy.jpg

・・・とどろいてました。それはもう想像を遥かに超える、霧のような水しぶきと共に。
P1140769.jpg

トロントからナイアガラの滝へは、わずか1時間半のドライブ。オンタリオ湖の左岸に沿うように走るQueen Elizabeth highwayをひたすら南へ。午後はかなり混雑すると聞いていたので、朝早めに出て午前9時頃に到着しました。この時間帯だと、滝の絶好の鑑賞ポイントであるテーブルロック前の駐車場もガラガラです。ちなみに駐車料金20C$(時間制限なし)。
P1140731.jpg
P1140730_copy.jpg
向かって右側が有名なカナダ滝。左側はアメリカのニューヨーク州に位置するアメリカ滝。つまりここが国境です。

P1140642.jpg
人気のアトラクション、Maid of the mist(日本語訳名:霧の乙女号)も待ち時間15分程度で乗れました。入口で渡される青のポンチョを着て、いざ滝つぼクルーズへ!
P1143_copy.jpg
もう人間なんて木の葉の上のありんこ。
P1140687.jpg
乗ってる最中は目を開けているのが精一杯。
P1140655.jpg
写真が写真になってないし。。まるで暴風雨の中に放り出されたようです。ポンチョ着ててもずぶ濡れ覚悟で乗りましょう。

余裕があればアメリカ側への橋を歩いて渡ってみたり、滝のすぐそばをウォーキングするアトラクションに参加するのもよさそうです。我が家は暑い中の子連れだったので、ランチを食べてすぐ退散。

そういえばSoo、滝つぼの轟音の中でも抱っこ紐でぐっすりでした。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(2) 

Arowhon Pines Resort in Algonquin Park [トロント:週末Trip]

週末旅行、第一弾。
P1140046_copy.jpg
トロントから車で4時間ほどのマスコーカ地方へやってきました。このあたりは大小合わせて1600個の湖が点在し、世界中からカヌーイストがやってくるカヌーの聖地のような場所です。夏のリゾートとしても有名で、湖畔にはいくつものコテージやホテルが立ち並び、本格的なキャンプサイトもたくさんあります。

今回の目的地はマスコーカに隣接するアルゴンキン州立公園。その広さはなんと東京都の3倍以上!公園なのに!・・・カナダという国がどれだけ大きいか実感させられますね。

その中ほどにある静かな湖畔のリゾート、「Arowhon Pines」。
P1140238_copy.jpg
P1140088_copy.jpg
P1140126.jpg

本当に静けさに満ち満ちていて、時折聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。デッキチェアに座り、湖上を渡る風に吹かれているだけで体の中からほろほろとほぐれていくような感覚を覚えます。
P1140174.jpg
P1140206.jpg

正直こんなところに雄叫びをあげるSooを連れてきてよかったものか・・・と最初は躊躇しましたが、以外に賑やかな子連れファミリーも多い。皆、釣りをしたりカヌーに乗ったり思い思いに楽しんでいるようでした。
P1140334.jpg
私たちも初カヌーに挑戦!インストラクターは誰もいません。置いてあるカヌーを勝手に使ってください状態。Sooは抱っこ紐に入れてその上からライフジャケット装着。日本だったらまずあり得ないでしょうが・・・。こちらは何でも自己責任です。LEEMANはあっという間にコツを掴み上手に漕いでくれたのですが、やっぱり子連れだとちょっと怖い[あせあせ(飛び散る汗)]正味数十分のカヌートリップでした。

次の朝、5:00am。一人こっそり起き出してみる。
P1140285.jpg
P1140298.jpg
P1140309_copy.jpg
P1140288.jpg
湖上に朝霧が立ち込めて、何とも幻想的な雰囲気。

ランチは湖畔でバーベキューです。これは新しい!
P1140430_copy.jpg
P1140399.jpg
P1140429.jpg

またこの辺りは紅葉で有名な「メープル街道」と称される地帯でもあります。これらの木々が一斉に紅葉したら、それは息を呑むような美しさだろうなぁ。いつかもう一度その時期に訪れてみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(2) 
トロント:週末Trip ブログトップ