So-net無料ブログ作成
日本にて ブログトップ

家族出張行ってきました! [日本にて]

ちょうど2年ぶりの東京。住みなれた場所は懐かしく、おかえり~!と迎えてくれる友人たちは温かく。

今回はスケジュールのみっちり詰まった旅、というよりはビジネスのための家族出張だったので、ほんとはもっと会いたい人、行きたい場所いっぱいあったんですが・・・そのへんは涙を呑んで断念となりました。

そう、本当に家族出張。これから展開しようとしているビジネスは家族という単位がとても大切になるので、今回も夫婦のみならずSooも大事な要員の一人。お疲れさま手当てとして日本の美味しいお菓子、いっぱい買ってあげました。笑

最近なぜかチョコエッグにはまっている彼女。youtubeでチョコエッグをひたすら割り続けて中のおもちゃを取り出すだけ、というシュールな動画があるんですが、それを見せて!と毎回リクエストされます。

でもチョコエッグって普段あんまり見かけないしどこで売ってるのかなぁ・・・と思ってたら・・・ありました!!仁川空港の免税店に!
P1020301.jpg
初めてご対面するチョコエッグに小躍りするSooさん。
P1020307.jpg
お目当ては中のおもちゃだったらしく、母は機内でチョコレートを嫌と言うほど食べさせられました。。。

そして東京滞在中、少ない自由時間の合間合間で楽しんだものたち。

夫婦で愛してやまないインド料理店「Priya」。広尾商店街のちょっと目立たないところにありますが、ここのカレーとナンは世界最高峰です!(インドに行ったことのないLEE&Miho調べ)。
P1020387.jpg
我が家の定番はシュリンプカレー。そういえば東京を離れる直前に、まだ赤ちゃんだったSooを抱っこ紐に入れて食べに来たことを思い出しました。相変わらず美味しい、美味しすぎる。

友人行きつけの恵比寿アポンテ。子供たちをパパに預けてママ3人でディナーしました。久しぶりにしこたまワイン飲んで語り明かす楽しさと言ったら~。中でもウニの茶碗蒸しと生シラスのカッペリーニが絶品!!
P1020413.jpg
こんな美味しいものが気楽にいただけちゃうのはやっぱりトーキョーですね。途中でパパたちから写真が送られてきて、子供たちは皆で仲良くおふろタイムだったそうです。こんな仲間がいてくれるのもやっぱりトーキョー。

今回、麻布十番に住んでいる友人が自分のマンションのゲストルームを予約してくれました。この立地で、ホテルよりも圧倒的に居心地のいいお部屋で、しかも一泊6,000円というリーズナブルさ!
P1020351.jpg
P1020352.jpg
ツインベッドをくっつけて家族3人で広々寝られるのも良かったですが、お風呂が素晴らしすぎて毎日本当に癒されました。日本のお風呂ってなんて快適なんだろう。海外で暮らしてるとつくづくそう思います。

他にもマタニティスイミング時代の仲間がたくさん集まってくれたり、OL時代の友人たちと火鍋ディナーしたり、昔住んでたエリアをゆっくり散歩したり。駆け足で自分の歴史をなぞるような東京滞在でした。

時間を作ってくれた皆さん、本当にありがとう。

ビジネスの方でも本当に良い出逢いがあったので、そろそろ本腰入れて準備していきたいと思います。東京に住むことは今後ないかもしれないけど、こうやってちょくちょく訪れることができたら一番理想。その状況を自分たちで作っていくことが今後の目標です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

田舎の夏休み [日本にて]

実家の庭でプール遊び中。
写真 1.jpg
はい、日本に一時帰国しておりました。それはもう恐ろしい暑さで、ただでさえ古くて湿気が篭りがちな家なのに、畳の部屋の蒸し暑さときたら・・・。それでも外に出たくてたまらないらしいSooさん。私やおばあちゃんの手をひっぱりながら「いこ!いこ!」とお散歩へ連れ出そうとします。

うちの実家は周りに小さな川や草むらが広がっていて、蝶々や虫や、草木や小石・・・子供の興味を引いて止まないものがいっぱい。ふと、お散歩の道すがら「これは何だろうねぇ?」としゃがみこんだ瞬間、襲ってくるデジャヴのような感覚。

そうだ、私、この草の匂いや感触をよく知ってる。道端の小石のざらざらした手触りや、川藻に手を浸す気持ちよさも。どこで何をしたか、という記憶ではなく、ただ感覚として鮮やかに甦ってくる記憶。そしてそれらがとても幸せなものであるということ。

大人になった今となっては、子供が泥水に手を伸ばそうものなら「ダメ!」と制止してしまいそうになるけど、それはこの子の感覚の記憶を一つ奪うことになるのかもしれません。小さな手をとって歩きながら、そんなことを考えた散歩道でした。

ちょうどお腹もすいてきたし、久しぶりに暖簾をくぐった近所のおそばやさん。
写真 2.jpg
昔、家族で外食と言えばここでした。メニューは天ぷらそば、天ぷらうどん、めし、のみ。子供の頃は当たり前のように通ってたけど、実はこだわりの老舗店なんだと気づいたのは大人になってから。本当に小さなお店ですが、今では地方の名店としてちょっと有名になっているようです。
写真 3.jpg
30年以上たっても変わらない佇まいが本当に懐かしくて、まさかここに子連れで来るとはなぁ、としみじみ。二人で一杯の天ぷらうどんを美味しく頂きました。

大黒屋さん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

日本で楽しみにしていたことたち [日本にて]

日本に帰ってきて楽しみにしていたことが幾つかあります。

まずは年賀状!なんと東京のママ友たちが揃って実家の方にハガキを送ってくれました。

ちょうど去年の今頃だったと思います。マタニティスイミングで一緒だった仲間が全員出産を終え、そろそろ落ち着くかなぁ、という頃。皆の赤ちゃん会いたさに、そしてそれぞれの出産ストーリー&苦労話聞きたさに「良かったら近々、集まりませんか?」メールを送ってみたのがきっかけでした。

まだまだ真冬のさなか、まあ3~4人集まって軽くお茶でもできればいいか・・・と気楽に考えてたら参加者数はみるみる膨れ上がり、なんと当時のスイミング仲間ほぼ全員が参加するという大集会に。代官山の子育てサロンを半分貸し切って、子連れにまだ慣れない新米ママたちでドキドキハラハラのお茶会を楽しんだのでした。

それはいつしか「ラビッツ」(全員、卯年産まれなので。笑)という定例会に姿を替え、今でも月に一度はみんなでおでかけしたりホームパーティーを楽しんだりしているようです。そして撮った写真を毎回共有サイトにアップして私にもCCメールで送ってくれます。合同お誕生日パーティーの時には、赤ちゃん大集合の写真の中にSooの写真もちゃんと載せられていて、それを異国の地で見た時には本当に涙が出そうになりました。

離れていても常に元気をもらえる存在ってありがたいです。今年、絶対一度は東京に帰る。そして皆に会う!これもひとつの新年の抱負です。

その二。ベビーグッズ買いだめ。

改めて思います。日本のベビーグッズの「かゆいところに手が届き」具合は間違いなく世界一。そして離乳食の豊富さも。

ここ数ヶ月で、韓国生活で手に入るもの入りづらいもの、日本で買ったほうが遥かに安いもの、などが明確になってきたので、今回はあらかじめAmazonから実家に届くように手配しておき、更にあちこちのお店を周ってみました。

写真 (6).jpgそれでも服や靴に関しては圧倒的に韓国が安くてクオリティも悪くない・・・と思ってたのですが。さすがの「しまむら」「西松屋」、これがこのお値段?と目をむくようなものがいっぱい。中でも即買いだったのがこの2足。ソックスルームシューズは300円、ワラビーブーツはセールで790円!どちらもサイズ12~13センチです。

最近Sooは大の靴好きで「くっく!くっく!」と一日中おねだりするので、家の中でも新品のお靴をはいて歩き回ってます。

その三、日本の美味しいもの買いだめ。

地元の商店街に小さな「ふるさと物産館」があります。今回、お散歩ついでに初めて入ってみました。できた当時は、お客さん来るのかな?と勝手なことを思ってたのですが、いざ地元を離れ更に国まで離れてみると、なんて素敵な品揃え!!鹿児島産の梅と紫蘇とあら塩だけで漬けた梅干とか、筍のゴマ醤油漬けとか、添加物の入っていない素朴な「いいもの」ばかりです。

海外にいると、こういうものが恋しくなると同時に手に入りづらかったりするので、持って帰れそうな範囲で色々買い込んでしまいました。

残り数日は、高校時代の友人に会ったり諸所の手続きを済ませたりSooの健診や予防接種に行ったり・・・。あっという間に過ぎ去りそうな予感です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2) 

2013年、明けましておめでとうございます。 [日本にて]

久しぶりに鹿児島の実家で新年を迎えています。あけましておめでとうございます。

去年の今頃は、まさか子連れでこんなに突っ走る一年になるとは思いも寄らず。それでも数々の貴重な体験、それに伴う大変さを学べた至福と試練の入り混じった年となりました。まあ私の人生いつもこんなですが。笑 
今年はもう少し地に足をつけて、母業と自分自身のライフスタイルを共に充実させていきたいと思います。

さて実家。とにかく寒い。・・・いやいや極寒のソウルから南国の鹿児島に帰ってきたんだから普通逆だろ、って?

そうなんです。最近のソウルの最低気温は-19度ぐらい。対して鹿児島の最高気温は日によって16度とかを記録しているので、その寒暖差はなんと35度!フライト1時間ちょいで異世界にワープしてしまいました。

でも。。。これが室内の話になると全く別。

実は韓国の家はオンドル(床暖房)で常に暖かさが保たれているので、外がいくら寒くても室内は半そで一枚で平気なんです。いつも裸足で、お風呂上りにはオムツ一丁で走り回っているSoo。冷え性の私も足が冷たくならないので本当にありがたい。

それが鹿児島に帰ってきて状況は一変。典型的な田舎の一軒家である我が家は、そのだだっ広さがアダとなり暖房はほとんど効かず窓から隙間風が入りまくり。着込んでも着込んでも冷たいフローリングの床からしんしんと寒さが染み入ってきて、冷え切った手先にはーっと息を吹きかけているほど。
もちろんSooも同じく重ね着して、日中も毛布のスリーパーを着せてミニマフラーも巻いて、足元は靴下+赤ちゃんルームシューズ・・・。

もう、体感的には完全に鹿児島の方が「寒い!!」のです。

正直、冬に帰省するのはやめようかとも思ったのですが、孫の成長っぷりに目を細めている両親を見ているとやっぱり帰ってきて良かったとつくづく思います。

何より大家族の中での育児は本当に楽!常にオトナ数人の目があって、自分がちょっとぐらい席を外していても誰かが面倒を見て相手してくれるし、いとこの子が遊びに来れば夢中になって一緒に遊んでるし、そんな様子を毎日見ていたら「母の気負い」みたいなものが肩からストンと降りた気がしました。

離乳食一つ取っても栄養バランスだとか食べる時間だとか今まで結構縛られていたのが、ここにいると「もう朝はお味噌汁とご飯で猫まんまにしちゃおー」とか、相当テキトーです。でもこれこそ今の自分に必要なものなんだと思います。自分もこの家族の中でこうして育てられたはず。おそらく完璧なものなんて何一つなかったけれど、私は今、こうして幸せに生きています。それが全てです。

写真 (5).jpg食器棚の整理をしてたら、むかーし上海で買った金魚の小鉢が出てきました。薄い青磁器の両面に描かれた金魚と、凝った縁のカットが気に入っている一品。

金魚は中国でおめでたい意味があります。幸先いいのでソウルに持ち帰って大事に使おうと思います。

2013年、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

クラブメッドカビラ in 石垣島 [日本にて]

最後に日本で旅行しておきたいとこはどこ?とLEEMANが言う。
今度はいつ日本に戻って来られるか分からないよ、と。

うーん、そーだなー、色々あるけど子連れで行くならやっぱり沖縄?しかも石垣島には前から気になってたクラブメッドがある!ということで、この忙しいスケジュールの合間を縫って沖縄行ってきました。
P1120745.jpg
わくわく。

P1120752.jpg

クラブメッドの何がいいって、まずはオールインクルーシブであること。一度リゾートに入ってしまえば全食事にアルコール、色んなアクティビティが全て無料です。無料というより最初から全て料金に含まれているので、滞在中はお金のアレコレを気にせず楽しめる。

そして子連れに優しいこと。デイケアのような託児クラブがあったり、子供向けの広いプールがあったり。部屋にはベビーベッドが設置され、ビュッフェレストランではレトルト離乳食も選び放題。ベビーカーの貸し出しもあります。
P1120784.jpg
P1130038.jpg
P1130039.jpg


海を一望できる空中ブランコ!
P1120774.jpg
私も勇気を出してチャレンジしました。がっちりハーネスを着けてるので安全なんだけど、やっぱり怖かったぁぁ。飛んだあとは変なアドレナリンでまくりで笑いが止まらず。

すぐ近くの川平(かびら)湾。この日はお天気イマイチだったにもかかわらずこの綺麗さ。日本名勝百景にも選ばれているそうです。
P1120973.jpg
P1120955.jpg
P1120960.jpg

ただクラブメッド自体は想像してたのとはちょっと違ったかな。。何というかものすごい体育会系リゾートで、サマースクールか何かに参加してる感じ。いわゆる高級リゾートの雰囲気を求めていくと、あれっ、と肩透かしをくらいます。でも逆に言えばこんな賑やかだからこそレストランで叫びまくる娘を一緒に連れていけるわけで、子連れにはやっぱりありがたい。

ちょうど友人家族と旅行の日程が重なり、色々一緒に楽しめました。子供を寝かしつけたあとプールサイドでスパークリングワイン飲んだり、竹富島に日帰り旅行したり。
P1130065.jpg
P1130089.jpg
P1130159.jpg

ちょっとミルク持ってきてくださる?
P1120865.jpg




コメント(0) 

つかの間の博多ナイト [日本にて]

一週間の鹿児島滞在を終えて次なる目的地、福岡へ。新幹線さくらで移動です。これが開通したおかげで福岡まで1時間半!

しかしとにかく荷物が多い。Sooを抱っこ紐に入れて、小型のスーツケースにママバッグ2つ、さらに旅行用に購入した軽量バギー(combiのF2を買い足し。)をずるずる引き摺りながら一人で移動する大変さと言ったら。。。おそらく周りが引くぐらい疲れた顔して歩いてたことでしょう。

今回の宿泊ホテルは中州に去年オープンしたリソル博多。決め手は新しくて綺麗だったこと、最上階に銭湯があってゆっくり湯船につかれること、そしてホテルの部屋が靴を脱いでくつろげるタイプなのでSooをハイハイさせられること!
P1120710.jpg
P1120716.jpg
・・・ただ場所が若干アレです。中州繁華街のど真ん中。東京で言えば歌舞伎町のメインストリートに面してる感じでしょうか。それさえ気にならなければ子連れにもすごくいいと思います。

一息ついて天神の街へ。大学時代の友人たちが久しぶりに5人も集合してくれて中華料理のランチ。そして夜には東京から飛んできたLEEパパと合流して束の間の博多ナイト!中州の屋台街に繰り出し、ビールにおでん、博多ラーメン。

以前のように夜遊びはできないけど、気分を味わただけでも幸せー。



コメント(0) 

Sooの初フライトは・・・ [日本にて]

ついに東京を去る日がやってきた。もちろん名残惜しさもあるけれど、何より初めての子連れフライトに超どきどき。

いつもよりかなり余裕を持って羽田空港に向かったのに・・・ぎゃー、あれこれやってるうちにあっというまに搭乗時間!特に今回は母1人子1人の旅なので、何かあったらすぐテンパってしまいそうになる。こんなときLEEパパのありがたさを実感します。

羽田発15時のスカイマーク。安さだけで選んだけど、意外とよかった。チェックイン後はこんな専用ベビーカーまで貸してくれます。
P1120530.jpg


しかも今回は搭乗口のすぐ近くにこんなプレイスペースが。
P1120535.jpg
最近のSooはハイハイブーム到来で一時たりともじっとしていないので、こういう場所があるとほんとにありがたい。

緊張しながらいざ搭乗。

直後に暴れまくって母の心はすでに折れそうでしたが。。。どうやら寝ぐずりだったようで、離陸前にはコテっと眠りそのまま爆睡。なんと鹿児島に着いた着陸の衝撃にもビクともしませんでした!

後方座席には他にも赤ちゃんが何人かいたけど、みんなフライト中はぐっすり。もしかして飛行機のゴーッ、という音はお腹にいた頃の音に似ていて赤ちゃんが安心できるのかな?と思ったり。

そんなわけでSooの初フライトはあっさりと終了。これからしばらく実家での日々です。



コメント(0) 
日本にて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。