So-net無料ブログ作成
検索選択
トロント:子育て ブログトップ

ベビーフードとか雑貨とか雑感とか in トロント [トロント:子育て]

写真の整理をしていたら、トロント滞在中に撮ってたものが色々出てきたのでアップしてみます。
P1160123.jpg
P1160119.jpg
離乳食の冷凍キューブ。これ便利。コロンとお皿に移してチンするだけです。ただ若干水っぽいので他の食材と混ぜて使ってました。

P1160223.jpg
離乳食中期に愛用していたベビー用パスタ。クスクスのような細かさで、こんな可愛い星型をしています。
P1160218.jpg
3~4分ゆでて野菜ペーストに混ぜ込むのが定番でした。

これもよく食べてたなぁ。フルーツ100%のスナック。
P1140512.jpg
日本ではマンゴーなどの南国フルーツはアレルギーの恐れがあるから?赤ちゃんにあまり与えないように指示されてますが、こっちは普通にベビーフードで売られています。

P1160199.jpg
とにかくパッケージが可愛いベビー用スムージー。ほとんどがオーガニック。

カナダにも100円ショップならぬ1ドルショップがあります。そこで購入したものたち。
P1140562.jpg
オムツ用ビニール袋に、フィッシャープライスのスプーンセット。さらに、、、次いつ使うんだ?の妊娠検査薬。ちゃんと99%以上の精度のものです。日本では確か1本500円以上してたので、「やすっ!!」と使う予定もないのについつい買ってしまいました。笑

_1160139.jpg
離乳食が軌道にのってきた8ヶ月ぐらいから、一日1~2回、豆乳のミルクを飲ませてました。

大型スーパーの駐車場の一角。
P1140540.jpg
出口から一番近いところに「妊婦さん&小さい子連れ家族専用」のスペースがあるのです!これはありがたかった。
カナダはバリアフリーの進んだ国で、地下鉄の駅には必ずエレベーター、そして手開きドアの横には車椅子マークのボタンがあって、これを押すと自動で開く仕組みなのです。

ママ達なら何度も経験があると思いますが、あの手開きの重いドアを押さえながらベビーカーを入れるのって本当に大変なんですよね。それ以前に、ベビーカーを押してるとドアを開けて待っててくれる人も多かったです。

個人的に、こうした何気ないものを写真にしておくのもいいなぁと思いました。子供の物はすごい勢いで増えていって、赤ちゃん時代のモノなんてあっという間に記憶の隅に追いやられちゃうので、後で見返すといちいち懐かしくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

Mother to Daughter [トロント:子育て]

英語を頑張ろう!と決意したときにやってしまうこと。分厚いペーパーバッグを買って読み始めては途中で挫折すること。。。

表紙だけ見て安易なジャケ買いに走ってしまうことも一つの敗因ですが、英語の勉強のため、と意気込んでしまうとその本が途中で教科書みたいに思えてきて、本来のストーリーを楽しむ、という事ができなくなってしまうのですね。難しい文章を読み飛ばしてるとどんどん内容が分からなくなってくるし・・・これでは本末転倒。

というわけで最近は外国語の本を選ぶとき、「辞書を引きながらでも絶対読みたい内容のものであること」が大前提になっています。あとはさらっと流し読みして、自分のレベルでも頭に入ってくるような平易な内容であるかどうか。

今回もその二つを念頭において書店へ向かいました。

今の最大の関心事はやっぱり育児。ただ欧米の育児事情を知ったところで実践できそうな気がしないので・・・ふと目についたこの素敵な格言集を買ってみました。


タイトルは「Mother to Daughter」。娘に対する母の心得、みたいなものがぎっしりと詰まっています。(他にも母→息子、父→娘、父→息子の合計4パターンあり。)

読み終えた部分で心に響いた&面白いなぁ、と思ったものをいくつかご紹介。私の変な訳で言葉の持つ雰囲気を壊したくないので、英語そのまま載っけてみます。


★Accept the fact that she is Daddy's little girl. She knows this in the cradle already.

★Be prepared. Little girls' emotions surprise even their mothers.

★Forget that you used to be cool and sexy. Nowadays, you won't leave the house without a stroller, a backpack, a child's seat, diaper changes, snacks, stuffed animals, and something to disinfect your hands.

★Teach her to see the world with fresh eyes every morning.

Share stories of your mother and grandmothers with her. Remember, girls are keepers of the flame.

★Don't be afraid that an unhappy relation ship with your mother means you'll have one with your daughter. If anything, you know the mistakes.

Watch how she talks to her dolls. You'll learn how you're talking to her.

★Remember, the traditions you establish now will be passed on to her daughter.

★Realize that as a mom your job is to decipher if she's crying because something is wrong or if she just wants attention. Men have never figured it out.

★Keep in mind that all she wants to be doing - for the greatest part of her young life- is what you're doing.

★Realize that playing and talking with your daughter are more important than cleaning house or making dinner.


・・・そして一番ドキっとしたのがこれ。

★Enjoy every moment she wants to be around you. The clock is ticking.

最近のSooは常にままー!ままー!で、ご飯もちゃんと食べられない状況ですが、それらがとても貴重な瞬間だということ。改めて気づかせてくれたこの本に感謝です。まだまだ読み進めなければ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(2) 

トロント・ノースヨークの小児科情報 [トロント:子育て]

検索して来られた方のために。
ノースヨークの日本語が通じる小児科情報をアップしておきます。
専門は小児科ですが、大人も診て頂けます。

我が家がお世話になっているのはこちら。
台湾人のシュエン先生というご高齢の先生で、日本語も話されます。
アシスタントをされているのは日本人の奥様。ちょっと難しい説明になると通訳してくださることも。

電話応対も日・中・英の3ヶ国語OK。
患者さんで一番多いのはチャイニーズ、そして日本人、カナダ人という感じです。


★Dr. John S.C. Hsuen
67 Churchill Ave. North York, M2N 1Y8
Tel: 416-222-7358

★診察時間
月曜日と金曜日 11:00 am ~ 4:00 pm
火、水、木曜日  7:30 am ~ 1:30 pm

駐車場は3台分ぐらいのスペースあり。
できれば車がベストですが、地下鉄の駅からも歩けます。
North York centre駅、またはFinch駅から徒歩12~3分程度。

診療費は若干高めのようです。診察料だけで130C$。その他検査代、薬代、とプラスされますが、
海外旅行保険に入っていれば全てカバーされるので問題ありません。領収書も発行して頂けます。
(カナダの保険に入っている人はまた事情が違うよう。)
デビッドカードはカナダ発行分のみ(おそらく)なので、基本はキャッシュ払いです。




・・・カナダは日本と違い、どこでも初診でいきなり診てもらえるわけではありません。
まずはファミリードクター(かかりつけ医)が窓口となり、そこで紹介状を書いてもらうのです。

ファミリードクターがいない人は、Walk-in-Clinicと掲げてある所に行くのが一般的。
中には曜日や時間帯によって「Walk-inを受け付けてます」というクリニックもあります。

こちらのシュエン先生は電話予約で初診を受け付けてもらえます。
子供だけでなく私も何度かお世話になっているのですが、体調が悪い時に「それは大変ですね。今すぐにでもいらしてください。」と言って頂けるありがたさ。お話好きの奥様に美味しいラーメン屋さん情報を教えてもらえたりもします。笑

Sooはここでポリオ不活化の予防接種(2回目)も受けました。予防接種に関しても日本とは薬の量や回数が違うようで、ちょっと混乱。。。

改めて子連れ海外生活の大変さを実感します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0) 

クループ症候群 [トロント:子育て]

先日、Sooが産まれて初めて病気をしました。

その名もクループ症候群。生後3ヶ月~3歳ぐらいの子供がかかりやすい病気で「ケン、ケン!」と甲高い咳が出るのが特徴です。
一見単なる風邪のようですが、容態が急変して呼吸困難に陥ることもある、実は結構怖い病気。モデル梨花ちゃんの息子さんも、最近クループの発作で救急搬送だったらしいです。

うちも最初は鼻水から始まったので「あら~ちょっと風邪引いたのね~」ぐらいにしか思わず。熱を計ってみたけど全く平熱、食欲もあるしいつも通り超元気。と安心していたら・・・

夜になって寝付く頃、なんだか変な咳をしています。何だろう?と思って日本から持ってきた本の「呼吸器の病気」欄を見ると、赤ちゃんのかかりやすい病気・第1位に「クループ症候群」とある。何これ??犬の鳴き声みたいな咳??うーん、似てるけどちょっと違うような。。。

さらにネットで詳しく検索。「オットセイの鳴き声」に似ている、とも書いてある。オットセイの鳴き声なんて聞いたことないのでYou tubeで検索。(便利な時代だ。)そして画面の中のオットセイが鳴き声を上げた瞬間・・・

「これだ!!!」

確信しました。Sooの咳にそっくり。これはクループ症候群に間違いない、と。

同時に恐怖が襲ってきました。夜中に容態が急変して呼吸困難に陥ることがあるなんて。確かに隣で耳をそばだてていると、ちょっと呼吸が苦しそうな感じもします。万が一の時のために、トロントの救急病院医療サービスを調べつつ、その日は様子を見守りました。

次の日、朝一で小児科へ。ちょうどデイケアで出会ったママさんに近所の日本語が通じる小児科を教えてもらったばかりでした。こういう情報、本当にありがたいです。

診断名は案の定、クループ症候群。これによく効く薬があるから、とステロイドの飲み薬が処方され、正直こんなちっちゃな赤ちゃんにステロイドなんて強い薬、大丈夫なんだろうか・・・と思いましたが、クループは軽症に見えても突然重症化することがあるので早めに治すことが大事なんだそうです。昼間は元気そうでも夜に悪化することが多いというこの病気。Sooの場合も全く同じでした。

その後、薬を一回服用しただけで無事に完治。

それにしても本人は至って元気です。熱も出ず、食欲も落ちず、活発さも変わらず。。。この生命力のまま育ってほしいものです[グッド(上向き矢印)]

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0) 

Daycare通いと母の葛藤。 [トロント:子育て]

デイケアを発見した3日後。さっそく見学に行ってみました。

経営者も保育士さんたちも全員日本人、かつきちんとした保育士免許を持っていらっしゃるとのこと。預けられている子は全部で7~8人ですがフルタイムで通っている子は少なく、先生一人に対して毎日2~3人の保育となるようです。

料金は半日保育が40C$(≒3,000円)、終日保育が55C$(≒4,200円)。東京都心の目が飛び出るような保育料を噂に聞いてたせいでしょうか、かなりリーズナブルに感じます。

Sooは最近、自分と同じ赤ちゃんが大好き。赤ちゃんを見つけたとたん笑顔になり、ものすごい勢いでハイハイしていって、「ん!ん!!」と手でちょっかいをだします。いつもその勢いが激しすぎるので、相手の子はびっくりして泣き出す・・・というパターン。もう毎回母は平謝りですよ。

こないだはパンパースの袋に向かって笑顔で突進しているので何事かと思いきや、パッケージにはニコッと笑う外国人の赤ちゃんが・・・。Soo、それ本物の人間ちゃう。

話がずれました。

とにかくこんな感じで体験保育の時もすぐに他の子と仲良くなって遊んでたので、よしよし、これなら週に2日ぐらいはフルタイムでいけるかな・・・とほくそ笑んでいたのですが、やっぱり私がいなくなると大泣きだったようで。。。
しかも普段なら平気で2~3時間お昼寝するところが、デイケアの賑やかな環境だと30分ぐらいで起きてしまうらしい。う~ん、これはあんまりよろしくない。考えた末、週に2日だけ半日保育をお願いすることにしました。

私は妊娠中から「なるべく早く保育園に預けたい!」とクールな母を気取っておりましたが、実際そうはいかないものですね。泣き叫ぶわが子に背を向けドアを出て行くのは非常に胸が痛み、毎回毎回「これで良かったんだろうか・・・」としばらく悶々としてしまう始末。

東京で何度かベビーシッターさんをお願いした時も似たような状況でしたが、今は人見知りや後追いがはっきりしてきて常に私の周りをちょろちょろ、「おんまー、おんまー(完全にそう聞こえる。)」と小さな手ですがってくる分、可愛さが増しています。でもその分、確実に大変さも増している。

許せ娘よ、これもお互いの良好な関係のため、と気持ちを切り替えるのに一苦労です。

P1140432.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0) 

英語子育て便利帳 [トロント:子育て]

日本で購入して読み込んでいる本、「ヘンリーおじさん英語子育て便利帳」。


子供への語りかけ表現や、海外旅行で必要になりそうな子育て関連の表現がたくさん載っています。

別にSooに英語で語りかける気はないのですが(笑)、子連れだと何かと人と会話するシーンも多くなるもの。あちこちで見知らぬ人に話しかけられたり、お店やホテルで確認ごとが多かったり。そんな時ちょっとした英単語が口をついて出てこない私にはこういう本が非常にありがたい。

出てくる単語や例文は完全に中学生レベルです。「なんだ、こんな簡単な表現でいいんだ!」って拍子抜けするほど。

例えばこういうの。

「この列に並んでいますか?」
「(レストランで)早くできるものはなんですか?」

たぶん英文法や構文を熱心に勉強した人ほど、え~と・・・と考え込んでしまうんじゃないでしょうか?
この本で紹介されている訳はこうです。


「この列に並んでいますか?」 → Is this the line?
「早くできるものはなんですか?」 → What's quick?


そうそう。実際はこんな表現で十分なんですよね。私も英語が上手になりたい!=こういう表現がとっさに使えるようになりたい、です。

ちなみにこの本の現物は、ちょっと目を離したスキにこんな姿になっていました。
P1140950.jpg
Soo様のお気に召したようで。。。涙

ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0) 

Daycare 発見!! [トロント:子育て]

当たり前ですが私、カナダには親も親戚も友達もいません。LEEMANは毎朝9時前に家を出て夜9時頃帰ってくる生活です。彼が車通勤なので平日は車がなく、どこにも出かけられません。最寄り駅までは徒歩20分です。ベビーカー嫌いが復活したSooとのおでかけは困難を極めます。

・・・さて、どーする???

私はもう2週間で音(ね)を上げました。ムリムリムリ、ほんと無理だって。8ヶ月のやんちゃ盛りのムスメはもちろん可愛いですが、一日中これを一人で世話しなきゃいけない大変さと言ったら。ただでさえ孤独になりがちな海外生活、母ひとり子ひとりの密室育児はさらにその側面を際立たせます。

あぁ、空はこんなにも青いのに・・・窓越しに目を細めていたある日のこと。

日本人向けのフリーペーパーに掲載されていた広告に目が留まりました。「にほんごデイケアOpen」。えっ・・・
しかも場所を見てびっくり。うちの近所じゃーーーん!!!

Daycareは日本でいう保育所?託児所?みたいな感じでしょうか。実はざっくりとネットリサーチしてはいたのです。トロントのDaycareについて。
でもそのほとんどは1歳半~ぐらいが対象で申し込んでもウェイティングリストに登録されるのが普通らしく、何より英語でコミュニケーションできる自信もないし、いきなり違う文化のDaycareに入れるのも不安だし、、、こりゃームリだな、と諦めかけていたところでした。

そんなところにこの神の手。すぐさま連絡してみたのは言うまでもありません。どきどきしながらお返事を待っていると・・・

今預かっているお子さんは9ヶ月から3歳で、月齢によって大丈夫そうであれば一緒にお預かりさせていただいてます。

やったぁ[揺れるハート]

詳細はまた後日。

ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(2) 

本腰入れて、離乳食。 [トロント:子育て]

P1130946.jpg
離乳食を始めて一ヶ月あまり。最近やっと2回食になってきました。

移動続きの日々で手作りなんてほとんどできなかったし、日によってはミルク飲ませるのがやっと。手抜きでゴメンよぉぉ、と若干の後ろめたさを感じつつベビーフードを調合する毎日でしたが、出発する前に先輩ママ友さんから言われた一言、「まだまだ栄養の主体はミルクなんだし、離乳食なんておやつぐらいに思っとけばいいのよ~!」これでかなり気持ちを楽に、手抜きすることができました。笑

しかし改めて日本のベビーフードはすごい!お米はもちろんのこと、野菜、肉、魚、レバー、なんでもお湯を注げばできあがり。
P1140506.jpg
まあ離乳初期のドロドロ食だから可能なんですが、日本から大量に持っていったフリーズドライ離乳食はほんとに重宝しました。

もともと超・めんどくさがりやな私。チマチマした作業が大の苦手なので離乳食作りも大変なんだろうな~と思ってましたが、やってみると意外に楽しい!すりおろしたり、すりつぶしたり、理科の実験でもやってる気分です。でも全てはSooが美味しそうに食べてくれるから。手間隙かけた甲斐があった!と思います。

もちろんベビーフードも併用中で、カナダではこういう瓶詰めのものが主流。
P1130736.jpg
しかもほとんどオーガニックです。日本でオーガニックと言えば値段が高いイメージですが、こちらはベビーフードに限ってはそれが一般的らしく?値段も一つ80円ぐらい。フルーツから野菜、ちょっと変わりダネではプルーンやターキーなど。面白いので一通り買って食べさせてみてます。
ただ全てがドロドロ。。。一応8ヶ月から、となっているものも中身にあんまり具が入ってません。。。

もう少ししたら完全手作り、頑張らなければ[手(グー)]

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(0) 

ベビーフードなど [トロント:子育て]

色とりどりのフルーツが山積み。これぞ海外のスーパー!っていう感じです。
P1130601.jpg
色んな種類のりんごを食べ比べてみたり、日本では高くて手が出せなかったブルーベリーアメリカンチェリーをどっさり買い込んでみたり。

カナダは英語フランス語の両方が公用語なので、全ての商品が2ヶ国語で表記してあります。こちらはSooの粉ミルクとベビーフード。
P1130604.jpg

このMixed Fruitのコーンフレーク、すっごく美味しい!(赤ちゃん用なので粉状。お湯で溶いて食べます。)初めてSooに食べさせた時も「んーーー!!」と目を輝かせてました。
反対にミルクはあんまり美味しくなさそう。。。実際に日本のものと飲み比べた訳じゃないのですが、匂いが何だか脂っこい。ちょっとカロリー高そうな感じです。

幸いSooは好き嫌いすることなく何でもよく飲み、食べてくれます。今のところ病気ひとつしたことなく超元気。親の都合で海外に連れてきているので、ミルクが飲めなかったり病気がちだったりしたら自分を責めてしまいそう。本当にありがたい親孝行な子です。

大好物の赤ちゃんせんべいも売ってました!
P1130688.jpg
こちらではRice Rusksというようです。なるほど。日本のものよりカリッとクリスピーな食感。これを小さく割って食べさせると上手にモグモグ食べます。ぐずった時の定番アイテムなので、外出時は手放せません。ほんとにこっちで売ってて良かった・・・[たらーっ(汗)]

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント(0) 
トロント:子育て ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。