So-net無料ブログ作成
検索選択
2012 Rocky Mountain ブログトップ

夏のロッキー山脈、地球を感じる旅 ~コロンビア大氷原に降り立つ。 [2012 Rocky Mountain]

私、バンフってもっと素朴な田舎町を想像していました。ロッキー山脈の麓と言うからには、たまに動物たちがひょこっと顔を出すようなロッジでも点在してるのかしら~って。

それがこんなにも垢抜けた素敵な街だとは!
P1160857.jpg
美しい空と山と空気と、瀟洒な街並み。整備されたメインストリートは数々のレストランやホテルが立ち並び、高地特有の眩しい日差しにメイプルリーフの国旗がたなびいています。歩いているだけで心が浮き立つってこういうことを言うのでしょう。

この日は中心街から少し離れたバッファローマウンテンロッジに宿泊しました。
P1160876.jpg
P1160871.jpg
なんとお部屋に暖炉がついています!が・・・絶賛ハイハイ中の乳児がいては実際に火を点す訳にいかず。。。暖炉の灯りにゆっくりワインを傾ける、なんて妄想はもろくも消え去りました。その前に、部屋に赤ちゃん用のプレイマット入れてもらったので雰囲気も何もあったもんじゃないんですけど。

レンタカーはバンフで返却し、その後は現地のツアー会社さんにお世話になりました。
トロコツアーズさん。http://www.toloco.net/ 日本人専門のツアー会社で、ガイドさんたちも全員日本人。

朝、お迎えの車がホテルにやってきた時、「えっ、こんなに若い女の子がガイドさん!?」って最初はびっくりしたんですが、その可愛らしい外見とは裏腹に、みなさん筋金入りのアウトドア・スペシャリスト。自分が20代の頃、こんな場所でツアーガイドをやるなんて考えも及ばなかったなぁ。世界で頑張る日本の若者たち、本当に心から応援したくなります。

更にガイドの内容が素晴らしいのはもちろん、行く先々で「ここから何分後に目的地について、こういう場所でお手洗いがあって・・・」と細かい情報を教えて頂けるので、おむつ替えや食事の時間を常に考えている子連れにはほんとにありがたかった。小さなバンで一日中移動するのでSooがぐずらないか心配でしたが、まだ歩けない時期だったこともあり意外と抱っこでおとなしくしてくれてました。

それでは出発!
P1160880.jpg
P1160907.jpg
P1160959.jpg

お天気も素晴らしく、想像していた以上の絶景が広がります。
P1160971.jpg
P1170015.jpg


ランチは森の中でホットドッグ。ガイドさんがてきぱきと準備中。
P1170038.jpg


そしてこの日のハイライトは北半球で最大規模と言われるコロンビア大氷原。雪上車に乗って氷河の上まで行き、そこを実際に歩くことができるのです!
P1170094.jpg

P1170095.jpg

私達もSooを抱っこしたまま恐る恐る降り立ってみました。さささ、寒い。ここだけ気温は北極圏のようです。
P1170108.jpg
写真では分かりづらいですが、山の向こうにすごい面積の氷河が広がっているんだとか。

遥か太古の昔から氷に閉ざされた世界。またひとつ、剥き出しの地球の姿に出逢えた気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

夏のロッキー山脈、地球を感じる旅 ~バンフへ。 [2012 Rocky Mountain]

8月末にソウルに帰国してから、ぽつぽつトロントの思い出も綴ってきましたが、とりあえずこれで最後。

ライフワークは「旅」と言ってもいいほど旅行好きの我が家ですが、今まで独身時代も含めていくつか「夢の旅」を実現させました。

1.中国の僻地、九賽溝&黄龍バックパッカーの旅
2.新彊シルクロード、タクラマカン砂漠でキャンプの旅
3.インド洋の小さな島モルディブでシュノーケルざんまいの旅
4.タイの秘境のジャングルリゾートでゾウに揺られる旅

そして、ついに5つ目が追加される。それは・・・夏のロッキー山脈、地球を感じる旅!!

ほんとは子連れだし、急にトロントからの帰国が決まって日程的にもそんな余裕があるわけじゃないし、どうしようかな~と迷ったのです。でも色々調べてみると、ロッキー山脈の見どころは全て車で周れて、2泊3日の日程でも十分に満喫できるらしい。

さらに決め手となったのが、私たちは帰りの便も「トロント発サンフランシスコ経由ソウル行き」を予約してたのですが、これを「カルガリー発サンフランシスコ経由ソウル行き」に無料で変更可能とのこと!つまりロッキー山脈の最寄空港であるカルガリーまで行ってしまえば再度トロントに戻ることなくそのまま帰国できるのです。

「今しかできないことを、できるうちに。」が我が家のモットー。これを逃したら次はいつになるか分かりません。
どうせ西海岸の方に行くんだし時差調整も兼ねてついでに寄って帰ろうか、ということで今回の旅行が実現しました。

ただトロントを発つ日に大家さんの立会いをお願いしないといけなかったので(all furnishedのコンドミニアムを借りていたので、細かいチェックがありました。)その調整がやや難航。最終的に、前後2泊はカルガリー空港近くのホテルに宿泊し、夜着と朝発の便に対応することで落ち着きました。

空港のあるカルガリーから、ロッキー山脈ふもとの街バンフまでは車で2時間弱。
レンタカーでカナダ最後のドライブです。

P1160830.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 
2012 Rocky Mountain ブログトップ