So-net無料ブログ作成
検索選択
2014 Kyushu ブログトップ

2014九州温泉旅行 ~ゆふいんのまち散策 [2014 Kyushu]

雄大な由布岳をのぞむ湯布院のまち。
P1280747.jpg
温泉旅行って可愛いお店やカフェのそぞろ歩きも楽しみの一つですが、ここ湯布院は本当に素敵なお店が多くて何度来てもいいなぁ、と思います。

P1280689.jpg
P1280644.jpg
ただ今回びっくりだったのは・・・韓国観光客の多さ。確かに韓国で「日本の温泉と言えばゆふいん」みたいなイメージはあるけど、周りで耳に入ってくる会話がほとんど韓国語。何だか日本に帰ってきた気がしませんでした。。。笑
P1280638.jpg

最近トトロにはまっているSooさん。あちこちでドングリみたいな木の実を見つけては、メイちゃんのように「ドングリ!ドングリ!」と嬉しそうにしてます。

散策中、ちょっとぐずった時に「もしかしたらトトロいるかもねぇ~。トトロどこにいるんだろー、トトロー!」とあやしつつ抱っこして歩いていたら・・・
P1280693.jpg
ほんとにいた。

そういえばここに「どんぐりの森」があったのをすっかり忘れてました。久しぶりに入ったけどやっぱり可愛い~。
肝心のSooはと言えば一瞬何が起きたのか分からない様子で、あんなに会いたかったトトロなのにむしろ怖がってる様子。笑

まっくろくろすけの小さなぬいぐるみマグネット買ってあげて、トトロと一緒に記念撮影して、再び出発。

P1280648.jpg
途中でこんなキャラクターショップも発見。アンパンマングッズに釘付け。

P1280668.jpg
ちょっとした子連れスポット、かな?「湯布院フローラルビレッジ」

P1280658.jpg
P1280662.jpg
イギリスのコッツウォルズをイメージしたという石造りの街並みに、ウサギやふくろうなどの小動物がちょこっと見れます。入場無料(※ピーターラビット動物園は有料)でそんなに規模は大きくないですが、ふらっと立ち寄るのにオススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

2014九州温泉旅行 ~子連れ旅に、天ヶ瀬温泉「山荘天水」 [2014 Kyushu]

名だたる温泉街が名を連ねる九州にあって、ここ天ヶ瀬温泉はかなりマイナーな温泉地かもしれません。散策を楽しめるようなお店はほとんどないし、温泉街と言えるほど宿の数も多くない。でも雰囲気のある清流沿いのこのお宿は何から何まで本当に素晴らしくて、ここ数年で我が家一番のお気に入りとなりました。

山荘天水」さん。

初めてここを訪れたのはもう10年以上前のこと。学生時代だったか卒業後だったか・・・サークル仲間でドライブ中に「立ち寄り湯しよう!」ということになり、友人の一人が「ゆふいんよりも、こっちの雰囲気が好きっちゃんね~」と連れてきてくれたのがこのお宿。その佇まいや露天風呂の素晴らしさに当時いたく感動してしまい、いつか絶対泊まりにくるぞー!と密かに誓ってたのです。

・・・そんなこともすっかり忘れて今回のゆふいん旅行。最初はゆふいんに2泊する予定だったんですが、周囲の地理を調べているときにふと目に留まった「天ヶ瀬温泉」の文字。あれっ、ここってもしかして・・・とかすかな記憶を頼りに色々検索してみたら・・・ビンゴ!あの時の旅館に間違いない、とさっそく予約を入れ直したのでした。
P1280591.jpg

まさか子連れで来るとはね~、と当時を懐かしく思い出しながらお宿に足を踏み入れます。あいにく天気は雨(半分、雪。)だったんですが、しっとりと濡れた庭の緑もまた素敵。
P1280566.jpg
P1280588.jpg

P1280440.jpg
こちらは部屋付きの露天。

さてここを選んだ大きな理由がもうひとつあります。それはこんなに雰囲気のある宿でありながら、とても子連れに優しいこと!!

今回宿選びをしながら痛感したのですが、こういった旅館は「小さなお子様お断り」なところもたくさんあります。それに対してあれこれ言う気は全くありません。ただでさえ音の響きやすい日本家屋、温泉や食事だけではなくそこで過ごす「時間」にお金を払うわけですから、子供の泣き声や走り回る足音は排除されて然るべきだと思います。

でもだからこそ、こうして迎え入れてもらえると本当にありがたく、同時にそれを受け入れるだけのものが整っているお宿だと感じました。
P1280559.jpg
P1280547.jpg
P1280557.jpg


子連れポイントその1、子供用アメニティが充実

予約時に子供の年齢と性別を聞かれて「・・?」と思っていたら、その理由がすぐに判明。女の子用のじんべえ+ちゃんちゃんこ、そして可愛い下駄まで用意されてました~。

P1280451.jpg
P1280455.jpg
うちの座敷わらしちゃん、さっそくiPadでトトロに夢中。

子連れポイントその2、食事はお部屋食が選べること(宿泊する部屋により、夕食のみ。朝食は共同ダイニングで。)

これ、本当にありがたいです。涙 うちのようにイスに座らせるなり、降ろせ~!!とぐずり始める子は、ご飯の時間が一番悩みの種。いくら立派なベビーチェアやお子様ランチが用意されたところで、それらは全く意味がないものに成り下がるわけで・・・。

でもお部屋食なら全て解決。今回も部屋に入るなりおもちゃを散らかしまくって遊んでたSooさんですが、それを止めさせることなく(無理やり止めさせるのもまた一苦労。。)スマートにお食事へ。席についてるだけで次々に美味しい料理が運ばれてくるなんて本当に最高です!
P1280498.jpg
P1280505.jpg

しかもお料理のレベルが高い。久しぶりにこんな美味しい和懐石を頂きました。先付けからもちろん日本酒と一緒に。あーーーー、至福。

うちは子供に関しては布団、食事なしの素泊まりプランだったんですが、子供用の食器と白いご飯、ふりかけ、アイスクリームをサービスして頂きました。豆腐やお魚など、一緒に食べられそうなものを取り分けてあげればそれで十分な夕食になります。

敷かれたお布団のパパとママの枕の間には、ピンク色のキティちゃんの枕まで。

子連れポイントその3、家族風呂が充実してること

今回、子供と一緒に入ることを考えて個室露天付きのお部屋を選びましたが、その必要はなかったかな~と思えるほど貸切家族風呂が素晴らしい。渓流を望む雰囲気のある露天。5つもある中から自由に選べて、宿泊者は空いてさえいれば全て無料で利用できます。
P1280568.jpg
P1280571.jpg

心配してたお湯の温度は子供でも長く浸かっていられるぬるめのお湯で、家族3人でたっぷり露天めぐりできました。ただ脱衣所までほとんど野外同然なので、湯冷めしないよう急いで着替えさせる必要あり。

普通の露天風呂ももちろん素晴らしかったし、敷地内でドングリ拾いとかできちゃうし。

実はこの次の日、ゆふいんでも個室露天付きの旅館に泊まって、そちらの方が施設の新しさも宿泊料金も上回ってたんですが・・・。あまりにもイマイチすぎて「最初からこっちに2泊すればよかったね。」と夫婦で後悔しきりでした。

韓国人のママ友たちが日本の温泉旅館に泊まってみたい!と口を揃えて言ってたので、いつかここに連れてきてあげたいなぁ。山荘天水さん、日本の心づくしを感じられる、サービスもコストパフォーマンスも抜群のお宿だと思います。

宿泊予約は公式サイトからがお勧め。あちこち比較してみましたが、お得なプランのある公式サイトがベストレートでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

2014九州温泉旅行 ~福岡へ [2014 Kyushu]

そういえば温泉。・・・行って来ました、我がふるさと九州へ。

日本にいた頃も冬になるとあちこち繰り出してましたが、海外からの温泉旅行はまた格別ですね。普段こちらではなかなか叶わないこと。美味しい和食が食べたい!熱~いお湯にゆっくりつかりたい!コンビニでおやつを買いまくって美味しいトンカツらーめん焼肉・・・一体どこの男子学生でしょうか。

とにかく久しぶりの「ザ・日本」を満喫すべくテンションあがりっぱなしのまま、まずは福岡空港へ。

今回初めてLCCの「JEJU AIR(チェジュエアー)」を利用しました。エアチケットは親子3人分で60万ウォン(≒6万円)しなかったような・・・。この安さですが、仁川空港で搭乗口がちょっと遠かったことを除けばこれといって不便はなし。3列並びの席でSooを真ん中に1時間ちょっとのフライト。本当にあっという間です。

今回は大好きな福岡に立ち寄るのも楽しみの一つでした。

博多駅から「ゆふいんの森号」に乗車予定だったので、JR博多シティでランチ。
なんと。以前の博多駅がこんな便利なスポットに生まれ変わったんですね。

ここに入ってるデパ地下食品街がまた素晴らしい!

韓国って物価が安いと思われがちですが、暮らしてみると意外にそうでもないんです。特に食料品。別にデパ地下やオーガニックスーパーで毎日買い物してる訳ではありません。至って普通の、そのへんにあるスーパーでも価格はあまり変わらず。

高いなぁ、と思いつつ最近はそれにも慣れてしまって普通に買い物してたんですが。。。ここに来て頭を一発ガツンと殴られたような衝撃。私、目が覚めました。。。
そうだよねぇ、日本の地方都市ってこんなに質のいいものが安く手に入るんだよねぇ。

綺麗で品数豊富なデパ地下食品街なのに、野菜も肉も魚も、そのほとんどがソウルの半値ぐらい。おいしそうなケーキも300円台で売ってる。。ウソでしょ!?と何度も二度見して、挙句の果ては「なんで韓国で暮らしてるんだろ?」とちょっとブルーになってしまうほどでした。笑 

大学時代を過ごした思い出多き福岡。ふるさとは遠きにありて思ふもの、と思ってましたが、最近徐々に「九州に帰りたい」願望が強まってます。いつかは移住するぞー!と新たな目標を掲げつつ、まぁ、その時その時の生活を常に楽しまなきゃですね。

そして美味しい和牛が食べたい~、と言ってたら、びっくりなお店を発見。なんと焼肉チャンピオンがここのレストラン街に入ってました。

P1280754.jpg
東京にいた頃、恵比寿のお店によく通ってたんですが、まさか福岡で再会できるとは!しかもランチタイムはビュッフェ制(※お肉以外)でSooの大好きなわかめスープやほうれん草のナムルもある。気がつけば周りはほとんど子連れ家族やママ友ランチグループばかりで、福岡は昼間から子連れ焼肉できちゃうのか!とこれまた衝撃でした。笑

この博多シティが素晴らしいのは、すごくキッズフレンドリーなところ。
写真 4.jpg
こんな冊子まである~。

写真 3 (1).jpg
キッズフロアも可愛くて、思わずJessie Steeleのキッズエプロン買ってしまいました。

次回は温泉宿をご紹介します!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
2014 Kyushu ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。